福島市の「UFOふれあい館」は、さまざまなUFO関連の展示物に加え、日本のUFO研究の草分け的存在である故荒井欣一氏の蔵書が保管されていることで有名である。

UFOファンの端くれとしては一度行かねばなるまい、ということで今春日帰りで見に行ったのであるが、確かに本棚にはけっこうな量の本が収められていた。貸し出しとかはダメであるようだが、係の人に言えば、その場で読んだりできるシステムになっているそうだ。

なるほど蔵書を散逸させずにこうやって保管しているというのはエライ、と思って帰ってきたのであったが、その後、ツイッターに「蔵書目録などあれば好事家の方も本目当てで行ったりして宜しいんじゃないですかね?」的なことを書いたところ、律義なことに同館の中の人から「目録作りました」という連絡を頂いた。

で、同館のブログに行ってみると、確かに蔵書が一覧できるようになっていた。日常業務の傍ら、コツコツおやりになったものと思わる。実にアタマが下がる思いである。

さて、このサイトをみると日本語の本(翻訳書も含む)が一覧になっていて、通し番号は「740」までついている。尤も、ハンパなUFOファンであるオレですら持ってる本――たとえば今ちょっと自分の本棚を眺めただけでもジョン・マックとかコリン・ウィルソンの本とかいろいろ――なんかも入ってないし、なんかまだまだ漏れがイッパイイッパイあるんじゃねーかという気がしないではないのだが、ま、それはそれとして、ここで言いたいのはそういう話ではない。

著者別のリストを眺めてみる。すると、日本におけるUFOライターの勢力地図(?)みたいなのがボンヤリみえてきてなかなか面白いのである。

著者別の冊数をみてみると、おおむね次のような感じになる(敬称略。単著に限る。リストでは2か所に分かれて載ってたりしたので、数え間違いをしてるかもしれない)

南山宏 36冊
矢追純一 30冊
並木伸一郎 16冊
平野威馬雄 14冊
ジョージ・アダムスキー 13冊
コンノ・ケンイチ 8冊
エーリッヒ・フォン・デニケン 6冊


如何であろうか。

改めて思ったのは、南山宏氏の圧倒的な存在感である。言うまでもなく、この方は自分で書いた本のほかに翻訳でもだいぶUFO本にかかわっている。オレなんかもだいぶ読ませて頂いたが、ヤッパ彼の「筆力」や「情報収集能力」、そしてコレはデカイと思うんだが「バランス感覚」、そういったものは日本のUFOシーンにおいては卓越していたんじゃねえかなあと改めて思う。

あと、「やっぱ出ましたか~」感が強いのは矢追純一氏である。日テレの番組で名前も知れてるし、その流れでナントカブックス的なものを書きまくり、売りまくってきたという感じである。UFOの「大衆化」ということでいうと、この方のやってきたことの意味というのはすげえデカイのであろう。実に感慨深い。

並木伸一郎氏も息長くやってこられた方なので、まあ、こんな感じでしょう。あと、平野レミのパパである故平野威馬雄氏も今はもうみんな忘れてしまったンだろうけど、往年の存在感を考えれば納得の結果である。

さて、それはそれとして今回の蔵書目録には洋書は入っていない。ふれあい館の中の人によると、それはこれからおいおいやりましょうか、という感じであるようだ。

良くも悪くも日本のUFOシーンというのは外国の影響下で進展してきたものである。であるから、そのパイオニア的存在であった荒井欣一氏がどんな洋書を集めてきたのか、どんな影響を外国から受けてきたのか、というあたりは日本UFO研究史(笑)において相当重要な問題である。

そういった意味で、これからもふれあい館の方々にはゼヒ頑張っていただきたいと思う次第。


IMG_1210

↑ピンとか甘くて恐縮ですが、これは現地に行った時に撮った洋書棚の写真。キイホーのが前面に出ておりますが、いろいろありそうで興味深い







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まずはこれをお読み頂きたい。読売新聞の7月6日朝刊である。

名称未設定


60歳の女性が会社からカネをガメて男に貢いだという、ま、ありがちなニュースなのだが、読んでてオレ、なんか激しく動揺してしまった。特に以下の箇所――。


被告は東京でモデルをしながら有名大学に通う女子大生の「宮崎華奈」と偽り、09年頃にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合った当時大学生の20歳代男性とメールのやりとりなどをしていた。


これを読んで思い出したのだが、オレが大学生の頃に(もう30年以上前になってしまったが)「女子大生ブーム」というものがあった。フジテレビが伝説の深夜番組「オールナイト・フジ」などというのを放送していた時期で、つまりそれはちょっと尻の軽そうな(だがそこそこ可愛い)女子大生が大挙出演し、司会のとんねるずなどとちょっときわどい会話などしてテレビの前のもてない男(つまりオレであるw)の妄想をかきたてる、といった具合の素人参加型バラエティ番組であった(どうでもいいことだが、オレは明治大学農学部、松山香織さんがお気に入りであった。その後、民放のアナウンサーをされていたようだが、いまもお元気ですか松山さんw)

ま、そういう次第で当時の「女子大生」というのは、なんか、とても輝かしい響きを帯びた言葉であった。

そのような予備知識をもってこの記事を読んでみる。この被告は60歳だということで、オレなんかからすると少し上の世代なのだが、ま、とりあえず若い頃にこの「女子大生ブーム」を見聞きしていたことは疑いない。

そこでオレの妄想は広がるのである。

たぶんこの被告は、そうやってチヤホヤされる「華やかな女子大生」というものに憧れ、しかし、実際にそのような女子大生にはついぞなれなかった女性なのではないか。自分には決して訪れなかった輝かしいキャンパスライフ。「なんでなの? 私もあんな風にチヤホヤされたいのに。何で私の青春って、こんなつまンないわけ?」。そんな日々を、若き日の彼女は送っていたのではあるまいか?

時移ってSNS時代。

リアルな自分とは違う、「ネット上の人格」というものを装い、それらしくふるまうことのできる世界を知った時、彼女はふと、あの若き日の見果てぬ夢を思い出してしまったのではないか。そして自分に言い聞かせたのではないか。わたしは美しい女子大生。モデルもしてる。お金もたくさんもっている。それがわたし。本当のわたし。ネットの世界の中では、わたしはそういう存在になれるのよ――。

ここでオレなどはふと思い出してしまうのだが、当時、田中康夫の書いた『なんとなく、クリスタル』という小説があって、その主人公が、まさにこの「モデルもしている美しい女子大生」というヤツであった。実に象徴的なのだが、当時はそういう時代であった。

記事の最後にあるように、彼女は「心の居場所がどこにもなく、話を聞いてもらえるだけで癒やされた」。たぶんそれは、60歳女性がこれまで果たせなかった人生の夢や希望を、「その場」ではあたかもリアルなもののようにして実感できたということを意味しているのだろう。

全然美しくも格好良くもない、ブザマな青春を送ってきたオレなどからすると、「わかる」といいたいところが多分にある。「身勝手で自己中心的」と裁判官は言っており、それはその通りである。だが、オレから言わせれば、実にこれは哀しい、人間が人間であるが故の哀しい犯罪であった。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

三島由紀夫の原作を映画化した「美しい星」は、円盤愛好家にとってはなかなか興味深い作品で、オレもこのあいだ興味深く鑑賞してきたところである。

ただ、上映館もここのところけっこう絞り込まれてきているようで、一般の方々にはやや取っつきにくい映画だったのかなぁと思わんでもない。

ちなみに、まもなくやってくる6月24日は「空飛ぶ円盤の日」で、今年の6月24日は、まさにその「空飛ぶ円盤の日」誕生のきっかけとなったケネス・アーノルドの円盤目撃からちょうど70年になるのだが、そういう節目にもかかわらず、こういう映画が出来たからといって円盤ブームが盛り上がる風はさらになく、いささか淋しいものがある。

閑話休題。たまたまめくっていた「新潮45」6月号に――たぶん「美しい星」が新潮社から出版されているからということもあるのだろう――この映画にまつわる記事が載っていた。

具体的にいうと、監督へのインタビュー、それから偽史研究で知られる原田実さんの書いた「三島由紀夫と宇宙友好協会」という原稿だったのだが、これがたいへん面白かった。

結論としては、三島がこの作品に出てくる「自分が宇宙人だと思っている人たち」のモデルにしたのは、悪名高き(?)UFO研究団体CBA(宇宙友好協会)に心酔した人々ではなかったのか、という話になっていて、確かに作中の「宇宙友朋会」はCBAをもじってるという説が有力であるようだし、三島、あれでけっこうCBAに関心あったのかもしれねえなぁなるほどなぁと思わせるものがあった。

と同時に、そのような結論を導く前提として、日本のUFO研究団体の興亡史みたいなことがやや詳しく書いてある。とりわけCBAについては、オレなんかも何となく小耳に挟んだお話を断片的に聞いている感じで、いまひとつどういう流れでこういう団体が勃興(かつ没落)したのかはよくわかっていないのであるが、その辺りをコンパクトにまとめておられる。「ああ、そういう流れだったのネ」という感じである。

願わくば、こういう諸団体の興亡史みたいな話をキッチリまとめた本など読んでみたいというのがオレの年来の希望であって、関係者もだいぶ物故されているのであろうから難しいところはあるのだろうが、ま、原田さんも含めてその辺にお詳しい人にはひとつチャレンジをしてもらいたいなあという思いを新たにしたところである。

*注記その1
ただ、ある方から聞いた話によると、その「日本UFO研究団体興亡史」(仮)においてストーリー的には一番「面白い」パートになるであろうCBAについて言うと、その刊行物は古本の世界では法外な値段がついているらしく、資料あつめがとても大変であるらしい。ハードルは結構高いのかもしれない。ま、そういうの持ってるコレクターとかが書いてくれりゃいいんだけど、面倒なのか商業的に引き合わないからなのか知らんが、なかなかちゃんとしたものを書いてくれる人がいないのは残念である。

*注記その2
あと、これは全然関係のない話であるが、原田実さんのお名前を見るたびに、なんか「源田実」と混同してしまうクセがあり、なんとなく、つい「ゲンダさん」と呼びたくなってしまうのであった。これはどうすればいいのであろうか?

2dbfe660
CBAは、たとえばこんなのを印刷しておったようだ(写真はネットで拾ったもの)。ちなみに英文の冊子みたいなのも作っておったようで、あれやこれやでジャック・ヴァレとCBAの間にもどうやらやりとりがあったらしい




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ネタもないのでまたまた既視感のあるネタで恐縮なのだが、このあいだ放送された「幻解!超常ファイル」の新作「UFOと人類、禁断の秘密&危ない!こっくりさん」で、とっても面白いシーンがあった。

ゲストのUFO研究家、小山田浩史さんが、「イーグル・リヴァー事件」には古くからの妖精譚に似た要素を見てとることができる、というジャック・ヴァレの見方を紹介したところで、進行役の栗山千明嬢が「それは本当に体験したことなのか、それとも幻覚なのか、というのはちょっと気になります」という風にツッコミを入れた場面である。

WS000201

この番組の基本的なフォーマットは、栗山嬢が一人二役をこなし、いわゆる黒クリ(黒い栗山)が「こんな不思議な現象があります」とおどろおどろしく語った後で、いわゆる白クリ(白い栗山)が出てきて「いや、それって科学的に解明可能ですよ」と種明かしをする、というものである。

である以上、白クリがゲストの話を聞くこのシーンでは、「UFO事件というのは妖精譚にも似たところがあって、そうした話は昔から連綿と語り継がれてきたのだよ」という説明に対して、「でも、それって幻覚でしょ?」と念押しする流れは、とりあえずの「お約束」とは言える。

ただ、ジャック・ヴァレ自身がそこんところをどう考えているかというと、「UFO現象というのはレーダーとか着陸痕といった一種の物証があるンで、リアルな物理現象の側面はあるよね。でも、体験者の話を聞くと何だか夢物語みたいな感じがするから、幻視みたいな心理的現象の要素もあるだろうし、もうひとつ言っとくと、場合によってはサイキック現象めいた部分もあるンですよ」といった塩梅で、実はとても曖昧な(あるいはアブナイ)ことを言っているのだった。

つまり、「白か黒か」と踏み絵を迫る白クリの質問というのは、実はヴァレ流のUFO理論からいうと、相当にデリケートな部分に踏み込むものであった。この番組のフォーマットでいうと、「幻覚なんでしょうね」と断言してしまうのが一番収まりが良い。良いけれども、ヴァレの本来の考え方には反してしまう。

ヴァレを踏まえて「うーん、物理的な現象という一面もあるし、場合によってはサイキック現象だったのかもしれませんねー」みたいなことを言い出すと、NHK的にはとってもマズイことになってしまう(これは余談であるが、今回の番組でヴァレのことが深掘りされなかったのは、たぶんその辺に理由があったのだろう→【6月18日追記】なお、そのご某所から聞き及んだのだが、実はサンフランシスコにいるヴァレへの取材も試みたんだが連絡が取れなんだ、という話もあるらしい。念のため付記しておきます)。

で、オレは一瞬、ヴァレのこともよくわかっている小山田さんがトンデモない事を口走るんじゃねーかと不安にかられた(のと同時に期待したw)のだが、たぶんそこは制作スタッフと周到な摺り合わせがあったのだろう、返答は実に巧妙であった。どういう発言だったのか、以下に引用してみよう。


それは本当にあったことなのか、というんじゃなくて…何かがあったとして、本当にあったのか、あるいは幻覚・妄想であったとしても、(大事なのは)本人がそれをどう思ったか。「本人にとっての意味」っていうんですかね。

例えば日本だと、昔から妖怪、天狗、河童といったものに会ったという人がたくさんいて、そういう言い伝えがいろんなところに残っている。「じゃあ鬼は本当にいたのか・いないのか」とか「河童は実在しましたか」という話から始まるんじゃなくて、昔の人たちにとっては天使であるとか悪魔であるとか、あるいは妖精であるとか、そういったものに出会ったというふうに納得すれば、それでいったんは理解はできる。

科学技術等が進んできて、「そういったものはいないんじゃないか」という風になってきた我々にとって、丁度手頃で、そこにあったのが宇宙人…。


いかがだろう。

「ある」「ない」という議論はさておき、不思議なものと出会ったという体験をしてきた人々は昔からいて、それは少なくとも当人にとっては真実の体験である。昔はそこで出会ったものを河童だとか天狗だとか言ってきたわけだけれども、現代人の認識の枠組みとか語彙でそれを言い表せば「宇宙人」ということになる。人間というのはそういうものなのだ――オレ流に言い換えれば、小山田さんはおおむねこういうことを主張したのだった。

これを受けて聡明なる栗山嬢はこう答える。「宇宙人や宇宙船を考えることによって、人間自身を考えることにもなるんだなあって驚きました」

これは実によく考えられた、うまい着地であった。「人間というのは奇妙なものを見てしまう不思議な存在なんだなあ」という当面の結論はNHK的にも許容範囲内であるし、じっさい円盤にかんする重要なポイントである。この場合、着地点としてはとりあえずベストといえよう。「もうちょっとアブナイ方向に踏み込みたいなあ」と思う人は、そこでジャック・ヴァレを読めばいいのである(笑)。

ともあれ、UFOに対する文化現象派的なアプローチがこのようにして天下のNHKの番組で紹介されたというのは画期的なことであった。「UFO≒宇宙船」というテーゼに大きな疑問符をつきつけたということだけでも、これは日本のUFOシーンにとって「歴史的事件」であった(…のかな?)。

これまで述べてきたように、実は地雷的な部分もいろいろとあったハズで、今回の番組を作るについてはいろいろ苦労もあったのではないか。それだけに、改めて今回の番組にかかわった関係者の方々を褒めてあげたい、と思うのだった。

というわけで、楽しみにしていた「幻解!超常ファイル~UFOと人類、禁断の秘密&危ない!こっくりさん」は昨10日夜にNHKBSプレミアムにてつつがなく放送された。

ゲストの横山茂雄、小山田浩史の両先生がおおむね期待していた線でお話をしてくれたので小生も満足を覚えたところであるが、ジャック・ヴァレについては約1分間(いちおう測ってみたw)話題になった程度ということもあってか、当ブログのカウンタはその後も黙して回らず(笑。ちなみに増えてる分はほとんどオレが定期巡回している効果と考えてよろしい)
→6月18日追記:そのご、ツイッターとかでリンク貼って頂いたせいか若干カウンターが回ったよ~。一日数十ってレベルだけどさw


うーん、ジャック・ヴァレの再評価というのは、ま、やっぱり、そう簡単なものじゃないネ(微苦笑)。

ではあるけれども、小山田先生がヴァレについて語ってくれたのは大変ありがたいことであった。その箇所を以下に採録しておこう。

ちなみにどういう文脈であるかというと、宇宙人と出会ったオッサンが、ジョグに入れた水をあげたかわりに「パンケーキ」をもらったという「イーグルリヴァー事件」について触れた部分である。



(イーグルリヴァー事件の)何年か後に、ジャック・ヴァレというUFO研究家が「これは笑い話やインチキのようなお話に思えるけれども、実はヨーロッパでは、妖精が人間と食べ物を交換するということは、昔からよくある、言い伝えに沢山でてくるお話なんだ」と。

妖精は人間の世界にやってくると、人間の世界のものをいろいろ欲しがるみたいなんですけど、特に水を欲しがる。

(イーグルリヴァー事件のパンケーキの)成分分析の結果としては、小麦粉とかのほかにソバガラとかも入っていたというんですね。ソバはご承知のように痩せた土地によく育つものです。妖精の伝説の中では、妖精というのはソバとかしか育たない痩せた土地で、そういったものからクッキーを作ったりして食べてるんだという話もあって。

それとこの話はよく一致するんじゃないか……という風にジャック・ヴァレという研究者は指摘したんです。


そう、まさにそういうことなんですね。良かった良かった。

WS000200000
これがヴァレに触れた場面。
ちなみに小山田さんのお顔を勝手に出すとひょっとしたらまずいのかなーと思いまして(全国に流れたので別にまずくないとは思うが)ご本人の了解も得ずに勝手に載せるのはやめておこうということで、お顔にはあえてボカシを入れさせて頂いております m(_ _)m




NHKの「幻解!超常ファイル」はUFOをはじめとする超常現象を冷静なスタンスで取り上げている番組で好感をもっているのだが、この10日に放送される新作では、どうやらジャック・ヴァレの仕事などにも触れながら民俗学ないしは文化人類学的なUFOへのアプローチを紹介するらしい。

伝説の名著『何かが空を飛んでいる』でこうした方面のUFO研究に光を当てた稲生平太郎氏、在野の民俗UFO研究家・小山田浩史氏も登場されるというので、実に楽しみである。

およそ日本のテレビ番組では前例のなかった切り口でもあり、この方面に関心のある方は必見・必録といえよう(とはいいながら、サイトの宣伝文を読むとヴァレの「ヴァ」の字も書いてないので、本当にそういう放送になるのかどうか若干心配だがw)。

WS000197

ちなみに、ひょっとしたら放送後に「ジャック・ヴァレというのは何者なんだ?」「主著は読めないのか?」といってググった人たちが『マゴニアへのパスポート』を知り、「おお邦訳しとる人がいるのかー」「読めないのか?」といった声が盛り上がってくる可能性もないではないので、勝手連的エヴァンジェリストとしては事態の推移を生暖かく見守りたいところでアル。



随分放置していた人外魔境ブログであるが、たまたまヘンなスパムメールが来たので、貼り付けてみよう。

タイトルは「三菱東京UFJ銀行から重要なお知らせ」。
一瞬マジもんかと思ったのだが、数行読んだ時点で「なんじゃこりゃ」、である。

日本文化は奥が深い。

こういう文体はフツーのビジネスでは金輪際用いられることがない。シャレでやってるのでなければ、もう少し勉強せられたい(怪しげなリンクは全部伏せ字にしました)


突然の見出しで、驚かせてしまいましたら、
大変申し訳御座いません。


しかし今回、あなたにどうしても、読んで頂きたいことがあります。

→ http://●●●

インターネットで、
稼げないインチキのようなビジネスによる被害が大量に発生しているそうです。


実際にあなたにもそんな胡散臭いメールが届いた事があるかと思います。


経済大国日本と言われていますが、
日本ではこうしたネット被害が多発しているのも事実です。

あなたはインターネット上で
儲かる儲かると謳われているビジネスに手を出したことはありますか?

もし手を出してしまったことがあるなら、
結局1円も稼げなかったのではないでしょうか?


インターネット上では、
様々なビジネスが公開されていますが、
ほとんどが稼げないビジネスではないでしょうか?


でも、ごく稀に…稼げる手法があります。


この手法完全受け取り型の稼ぎ方のように。

→ http://●●●


今回ご案内する、完全受け取り型収入は見て頂ければ
一目瞭然。

誰がやっても本当に稼げます。

証拠、根拠が目で見えるしビデオにて生で配信されているので嘘のつきようがありません。


反対に、稼げないビジネスは、誰がやっても稼げません。

証拠も根拠もありません。



当たり前と言えば当たり前ですよね。


稼ぎたいのなら、誰がやっても稼げてしまう手法をやるしかないのです。


稼げてしまう手法を見極めるために証拠、根拠をしっかりと目で確かめる事です。


100万円を振り込み続ける現場、確定申告、報酬発生の瞬間etc
動かない証拠

→ http://●●●



この手法は本当に誰がやっても稼げます。


誰でもできる、というより受け取るだけだから誰でも確実に平等に実践出来る。

だから誰でも同じように稼げる。

しかも、お金もかからない。

作業時間はなし必要なものはスマホかパソコン。


これなら、忙しいサラリーマンも、
子育て中の主婦でも、誰でも稼げるのは納得です。

この動画に出ている確定申告の持ち主は
1回1分の軽作業、スマホにタッチするだけで、

事業利益で27億円の金額を稼ぎ続け、個人の3億円の金額を稼いでいます。

→ http://●●●



こんな話を聞くと、真面目に働いているのが、
バカらしく感じてしまいますよね。


難しい作業もなく、お金も必要なくとも、

スマホかパソコンがあって、1回1分の作業時間で稼げるなんて…

まさに夢のようなお金稼ぎです。

→ http://●●●



今まで色々なビジネス見てきましたが、ここまで全てを公開してる証拠ビデオは他にはありません。

他のビジネスはなんというか…

中途半端な説明というか…
稼いでいる根拠が貧しいように思えます。

しかし、今回ご紹介する手法は、全てを包み隠さず公開しています。

理由は簡単です。

本人が本当に稼いでいるからです。

そして既に7300人を稼がせているから
そして、まだ稼げていない金額を生み出すのではなく
既に発生している利益を受け渡すだけだから、

既に実践して稼がせているという事実があるから全て自信を持って公開してます。


本当に稼いでいる人こそ、稼げずに苦しんでいる人の気持ち、
理解して全て真実を公開してくれます。

→ http://●●●



今まで何をやっても、全く稼げなかった人、沢山いると思います。

しかし、夢を持つことは大事です。

夢は絶対に叶います。諦めなければ絶対に叶います!


それが人生です。


辛い時もあれば、楽しい時もあります。

稼げない時もあれば、稼げる時もあるのです。


それが人生です。


あなたも

1回1分という短時間で、しかもスマホをタッチするだけの、

本当に簡単な作業で、毎月100万円、1000万円という金額を、
受け取ることは可能です。

この情報いつまで公開されるかは不明です。

早めにメールアドレスを登録することをお勧めします。



メールアドレスの登録であなたの人生が劇的に変わるのですから。

→ http://●●●






当マガジンは、各種情報メルマガスタンドでの無料メルマガ登録、
クリックキャンペーンなどによる登録、懸賞サイトへのご応募、
各プロモーションやダウンロードされた方など、
ご登録いただいた方へお送りしております。

心当たりの無い方は下記にて配信解除をお願います。
●●●@yahoo.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この前、福島市の「UFOふるさと館」に行った帰り、福島第一原発のすぐ西側をタテに通過する国道6号線をクルマで走ってみた。

ご承知のように、この一帯は帰宅困難区域となっているが、車外に出ないという条件付きで(バイクを除けば)一般車両も通行が可能である。東日本大震災と原発事故があった時は関東の「安全地帯」にいて(むろん原発の動向次第では関東も住めなくなっていたという話はある)何もできなかったオレだが、ずっとどこかで、やっぱりこの原発周辺のことは気になっていた。

どんな風になっているのか、野次馬っぽくて大変申し訳ないけれども、この機会に、通りすがりでもいいから行ってみようと思ったのだった。

北側から入ると、帰宅困難区域となる双葉町の入り口のところに、警備員みたいな人が立っていた。そこから先はもう全く人の気配とかないし、ロードサイドの店舗の入り口部分なんかも入れないように道路側に柵が設置してある。ゴーストタウン、といってしまうとナンだが、ああ、こんなことになっちまったんだなぁと寂しいきもちになる。

とりわけ大熊町と富岡町の境の辺だったのだが、けっこう家が道路沿いに立ち並んでる住宅街があって、でもやはり道路側には柵があって、もうそこには誰も住んでいないのだった。見たところはどうということもなさそうなのに。商店やガソリンスタンドも並んでて、ここにも暮らしがあったのに。グーグルマップとかでも、たしかにそういう風景は見られるんだが、やっぱりこれは現実なのだった。なんかため息が出た。

WS000193


富岡町に入り、磐越道に抜けられるところで右折して国道を離れたンだが、実はあとで聞くと、この曲がり角からそう遠くない富岡の夜ノ森というところに桜の名所があって、この日、地元の人たちが戻ってきて(特別に入るのが許されて)観桜会みたいのが行われていたんだそうだ・・・


なお、このドライブにはDoseRAE2という放射線測定器を持っていった。ダッシュボードの上にこの測定器を置き、フロントガラスの風景と一緒にビデオで撮影する、という試みをしてみたのである。主なポイントのデータはグーグルマップに落としてみたので、ここにリンクを貼っておこう。

ただし、この測定器は、正確なデータを取るには定期的に必要だという「校正」というのをずっとやっていないし、そもそも一定時間、同じ場所において動作が安定しないとちゃんとした数値は出ないという話である。あと、ここにはマイクロシーベルトという単位が出てくるが、この測定器はいわゆる空間線量を測る機械ではないらしいので、そこんとこも注意が必要である。あくまで参考値としてみてほしい。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ジュリア・ショウ『脳はなぜ都合よく記憶するのか』読了。



 

「記憶とは何ぞや」という問題にはずっと関心があった。当ブログのメインテーマと関連づけていえば、それは実はUFOの問題なんかとも密接にかかわっている。とりわけUFOに絡むアブダクション事件、つまりエイリアンによる誘拐事件というのは、「悪夢に悩まされるようになった人が退行催眠を受けたところ、エイリアンに掠われた記憶を思い出す」といったパターンで明るみにでるケースが多い(その嚆矢といわれる1961年のヒル夫妻事件からしてこのパターンだ)。

しかしこの手の話では、「そうやって思い出した記憶は本当にあったことなんだろうか?」というツッコミが必ず入る。確かに催眠術をかけられた人は暗示にとてもかかり易くなるという。施術者のさりげない言葉で話を「作ってしまう」危険は広く指摘されているところである。

というわけで「記憶ってヤツはけっこう怪しいんじゃねーの?」という認識はUFOファンが常に心しておかねばならぬ常識である。だからオレもたまにそういった虚偽記憶の研究をしている認知心理学者のエリザベス・ロフタスあたりの本を読んできたりしたのだった。そんな流れで読んだのが今回のこの本である。

著者のジュリア・ショウはイギリスの記憶研究者だそうだ。本のカバーの著者近影ってヤツをみるとかなりの美人であるが、本の中身の方もとても良かった。けっこう文才がある人のようで、素人にも平易に読める。脳科学から認知心理学まで、ここ数年の間に出た研究論文なんかもいろいろ紹介しているから、たぶん本作には最新の研究成果がコンパクトに詰まっているのだろう。ちなみに原著『THE MEMORY ILLUSION』は昨年2016年の刊である。

さて。ひと言でいってしまうと、「記憶ってのは全然安定したものじゃなくて、簡単に改変されちゃう、実にあやふやなものなんだよ」というのがこの本の主張である。脳内における記憶のシステムというのは何だかよくわかってないところが多いようだが、どうもこの本を読むと、記憶というのは「客観的なデータ」みたいなものが脳味噌の中に収まってるんじゃなくて、脳内のいろんなニューロンを連合させてそのつど「創造」されるものと考えた方がいいらしい。そのつど作るンであれば、いろいろ歪んだりぶれたりするのも当然である。

であるからこそ著者は「あなたの小さい頃、こんなことがありましたね?」というニセの記憶を植えつける実験なんかもやっておるわけで(ロフタスなんかもやってたようだが)、しかしそれはこういう研究者にとってみればいとも簡単なことなのだった。

で、紹介されるエピソードがいちいち興味深い。

例えば、自分で体験した出来事を文章に書きだしてみると、その後の記憶はこの「書いた文章」に引っ張られてしまい、かえって不正確なものになっちまったりする、という話がある。「経験した記憶」を「記述した記憶」が押しのけてしまうという理屈で、「言語隠蔽効果」と言うそうだ。狂牛病の時に「悪玉」として有名になったプリオンなんてのも、実は長期記憶のために重要な役割を果たしてるンだって。初耳であった。

あるいは、SNSばっかりやってると、人の体験を自分のものと混同しちまうような事もあるらしい。記憶は「伝染」したり、あるいは「汚染」されたりするンである。「サブリミナル学習」なんかも全然効果ナシ。例の退行催眠にも触れているけど、これも大ウソと断言する。実に小気味良い。

あと、「フェルスエーカーズ事件」というのが紹介されていて、これは子供たちの証言で託児所の職員が逮捕された「幼児虐待」事件なんだが、どうやら子供たちは「ニセ記憶」を植えつけられていたらしく、以前読んだローレンス・ライト『悪魔を思い出す娘たち』を思い出した。そこから引き出される「証言頼りの犯罪捜査ってえのはホント危ねえんだよ」という主張も実に正当である。

こういう最新科学の成果を教えてくれる啓蒙的な本というのは実に大事であると改めて痛感した次第である。

最後に一つ気になったことを。本書では
「過誤記憶」という言葉が使われていて、これは FALSE MEMORY の訳語であると思うのだが、これまで多くの本は「虚偽記憶」という訳を用いてきた筈である。ウィキペディアをみたら、「虚偽」っつーと何か「嘘つき」みたいなイメージが連想されるので宜しくない、ということで新しい訳語が登場したということらしい。解るけれども、なんかひと言説明欲しかった。

あ、そうだもう一つあって、この本は「原注は講談社のホームページから落としてください」みたいな事が書いてあって、本の中にはその原注が無い。 せいぜい10ページかそこら、何とか入れられなかったのか、こういう本作りでいいのかと小一時間説教をしたい気分である。が、意外と最近はこういう本作りが許されちゃったりするのであろうか?
 
wZ4fQfux_400x400

これが Julia Shaw。美形でアル。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ