前々から気になっているのがデジタルデータの保管法である。

写真とかビデオとか、ま、とりあえずはハードディスクに収めるワケだが、HDは未来永劫読み出し可能ではないので、フツーはDVD-Rなりブルーレイなり、光学メディアに保管して様子をみることになる。

ところが、こういう光学メディア、実は10年単位でキチンとデータを守ってくれるかというと、案外頼りないという話は良く聞くところである。何年ぶりかでDVD-R引っ張り出してみたら全然認識しなかった、みたいなコワイ話はそこいらじゅうに転がっている。

しかもこういうディスクモノは、とにかく安く作るために海外生産が当り前になっているらしく、その分、品質がドンドン頼りなくなっている。もうそういう「悪化が良貨を駆逐する」状態はいいかげんやめて信頼性の高いちゃんとしたディスクを用意してくれよ、と常々思っていて、その辺のことは遥か以前にブログに書いたような記憶もある。

ところが、たまたま今日きづいたんだが、実はそういうニーズにこたえるべく、「長期保存用」を謳ったDVD-Rが販売されているというのだ。

太陽誘電とソニーの合弁会社とおぼしき「スタート・ラボ」が出している「DVD-R for Archive」である。宣伝文句によれば「推定寿命30年以上」。10枚で4000円以上は軽くするようなので高いことは高いが、しかしホントに30年もつというのなら「安い」。

p_DR-47BGY10PAAR_thumb


すっかりデフレに慣れて安物に飛びついてしまう習性が身についてしまったワレワレだが、「いいものなら高くても買う」というのは実に真っ当な判断である。であれば、こういう商品は大歓迎。日本人も、ただただ価格競争ばっかりしてるんではなく、こういう商品開発に取り組むのがスジなのだ。良き哉、良き哉。

・・・と思ったのだが、さて、しかしこの商品、本当にスグレモノだといっていいのかどうか。チト気になって商品のレビューを探してみたりしたんだが、それらしきものがナイのである。そりゃそうだ、「30年もつ計算になってます」と言われたって、まだ30年先のことはわかんない。結論は30年後じゃないとわかんないのだから。

ここは信じるか信じないか、という話だ、腐っても鯛、オレら全力でいいもん作ったんだ、30年後のお客さんに損はさせませんぜ、という日本人の正直さを信じ切れるかどうか。ま、オレなんか30年後なんて生きてるかどうかわかんねーんだが、とりあえず買ってみて、撮りためた写真データでもぶっこんでおこうかと思っている。30年後に笑いたいが、さて。