ちょっと前の話になるが、国会図書館に行く用事があったついでに、むかし刊行されていた雑誌「UFOと宇宙」のバックナンバーを少し閲覧(&コピー)してきた。

知らない人に説明すると、この雑誌は確か1970年代ぐらいから刊行されていたUFO雑誌で、そのスジでは相当に有名である。

まぁオレも当時からUFOには興味があって、80年代だったか、「ちょっと勉強してみようかなー」と思ったのであったが、「日本のUFO雑誌って結局翻訳でヨコのものをタテにしてるだけじゃん」みたいな生意気な事を考えておりまして(笑)こういう雑誌は全然読もうと思わなかった。

そのかわりに、というと偉そうだが、「Flyng Saucer Review」とか「MUFON UFO Journal」とかを(一時的にではあったけれども)購読しておった。何で知ったのか記憶が定かでないが、客観的スタンスで斯界では評価の高かったジェイコブスの『The Ufo Controversy in America』(当時は邦訳はなかったのだ)とか、ソーントン・ペイジとカール・セーガン編の『UFO's: A Scientific Debate』とかを紀伊国屋かどっかで注文したのもこの頃であったような気がする(言わずもがなだが、当時はインターネットなんかなかったので、洋書は本屋さんで注文した)。

が、しかし。結局のところ英語力があまりにプアなため、本とかはいちおう目を通したけれどもあんまりアタマに残らなかった(唯一、ジェイコブスが19世紀末の飛行船騒動に触れてて、あれまぁそういうのもあったのかと驚いた記憶はある)。定期購読した雑誌もちゃんと読めずに積ん読状態になった。勉強もクソもなかった。…偉そうなことを言ってすみませんでした。

さて、そのうち仕事も忙しくなってUFOの方とは「断絶」してしまったンだが、そのうちUFO愛好家の皆さんが作る「Spファイル友の会」という組織ができて、そこが出した「Spファイル」という同人雑誌を読んだ。で、「なんかいいなぁ」と思っているうちに、何となくまたUFOワールドに舞い戻ることになった。ジャック・ヴァレの勝手連的エヴァンジェリストとか始めて今日に至る。振り返り見れば、そんなUFO人生であった。

というわけで、誰も聞きたかぁない自分語りなど始めてしまったために、だいぶ前フリが長くなってしまった。以下本題。

全然読んでなかった「UFOと宇宙」であるが、改めてジャック・ヴァレの日本における受容史など調べているうちに、この雑誌では1980年にちゃんとヴァレにインタビューをしてたりすることがわかった。けっこう侮れんじゃないかということで、その辺の記事を見に行ったのであるが、パラパラめくっていて「あ、こりゃ面白えわ」と思ったのが、今回のエントリーの表題にしておる「日本のUFO研究家50人」という記事であった(1979年9月号)。

001

この9月号がちょうど創刊50号だったので、それに引っ掛けて研究家50人を紹介するという企画であるが、その顔ぶれが面白い。

当然、この世界の有名人がけっこう出てくる。荒井欣一、秋山真人、久保田八郎、斎藤守弘、志水一夫、高梨純一、清家新一、中岡俊哉、橋本健、韮沢潤一郎、並木伸一郎、平野威馬雄、南山宏、矢追純一、藤木文彦・・・というわけでキリがないのでやめるけれども、なお現役の方々と並んで、亡くなった方もかなりいて、なんか時代を感じる。

だが、よくよく記事を眺めていると、そうした感慨とはいささか別の思いも兆してくるのだった。

この50人の中には、オレが半可通のせいもあるんだろうが、よく知らん人がけっこういる。ま、商業ベースで食っていけるUFO研究家なんてそんなにいねえのは仕方ないことで、忘れられてく人が出てくるのは仕方ないことである。あるんだが、ただ、じゃ、この忘れられた人たちはいま何やってんだろうなあ、みたいなことをふと考えちゃったりする。

UFOだなんだって面白がってるだけじゃメシは食えない。生活を成り立たせるのが優先で、いつのまにかこの世界と離れちまった人も多いんじゃないか、と思う。がしかし、一方で、UFOの魔力ってのはけっこう強力なんで、世の中から見放されても、石にかじりついて「UFO道」を歩んでるしぶとい人もいるんじゃねーかと思ったりもする。

それはそれでまたスゴイドラマだったんじゃねーか、そういう「忘れられた」人たちの後半生とかをきっちり取材してノンフィクションとか書いたら面白いんじゃねーか、とすら思う。意外とUFOそのものよりも面白いテーマになるんじゃねーか。沢木耕太郎とか書いてくれんだろうか。ま、書かんだろうけど(笑)。


最後に何だか面白そうな人の記事を貼っておく。「もう足を洗った。UFOは黒歴史なんだよ!」とかいって怒る人がいないとも限らんので、いささか不本意であるが、お名前と目のところは黒くさせて頂きました(いや、意外と「オレ現役なんだよっ! 知らんのか失礼だなー」と怒られたりする可能性もないではないが)


002
本筋とは関係ないが「SEXが趣味」なのか。「そこに痺れる憧れる~」的なものがある


004

「ブルジョワ・ヒューマニズムに堕せる現代のUFO運動」ってフレーズ、何だかよく意味がわからないがかっこいい。あと、「地球ロマン」一派(笑)みたいな言い回しも、新左翼のセクト抗争を連想させてステキである