長らく天声人語を批評していなかったが、別に朝日新聞を取るのを止めたワケではなく、なんかこう、加齢ととともにそういうヒト様に説教する気力みたいなものが失せてきたというのが本当のところである。

ではあるんだが、今朝の天声人語はちょっと酷かったので、久々に触れてみたくなった。

今回のは、NHKの朝ドラ「まんぷく」にまつわる話である。

ご承知のようにこれは日清食品の創業者である安藤百福の家族が「モデル」ということになっている。近年の朝ドラでは「実在の人物がモデル」であるという触れ込みで番組を作ることがままあるわけだが、こういう風に宣伝されると視聴者もなんだか興味を引かれてついつい観てしまう。そういう線を狙っているNHKもあざといのだが、まぁ今回はそういう話をしたいワケではない。

問題なのは、「××氏がモデル」と言われたときに「ああ、じゃあこれって実話なのね!」とマジで勘違いしてしまうヒトが出てきてしまうことである。

いくら「事実は小説より奇なり」とかいっても、やっぱり現実はそうそうドラマチックには動いていかないのである。そこは創作というものが入ってこないと、どうしたって売り物にはならない(もちろんノンフィクションというジャンルもあって、それにはまた独特の魅力というものがあるのだが、それはまた別の話である)。

そういう事情もわからずにドラマと現実を取り違える人が出てくる。言ってみればこれは広義のメディアリテラシーの欠如を示すもので、天下の朝日新聞なんかからすれば実に憂うべきことであるに違いない。

ところが、である。今朝の天声人語を読むと、この筆者自身がまさにこの「ドラマと現実を取り違える」愚にズッポリ陥っているのだった。

ちなみに、以前は朝日のサイトで当日の天声人語は全部読めた気がするが、いまはアタマだけしか読めず、あとはカネを払わねばならない。つまりサイトからちゃちゃっとコピペすることはできない(念のためいっておくと批評行為のためそうやって著作物を一部引用すること自体は著作権法でも認められております)。手打ちするのも面倒くさいのでいろいろ引用しないけれども、ともかく天声人語子はこう書いている。

 
NHK連続テレビ小説「まんぷく」で、1950年代に即席ラーメンが発明された実話を扱っている。


そう、何のためらいもなく「実話」としている。で、以下は安藤百福が仕事用に立てた小屋の中で即席ラーメンを実際に「発明」したという前提でいろいろ話を転がしていくのだが、さて、そうそう簡単にこの「発明」というのを事実認定しちゃっていいのか。

ネットとかでも実はあの油揚げ即席メンなるものは前々から安藤百福の故郷の台湾に存在していたもので、チキンラーメンを新たに「発明」されたものというのは如何なものか、といった話をいろいろ見かける(たとえばこの記事→「NHK『まんぷく』チキンラーメンは本当に「発明」なのか」)。

確かに安藤百福は自伝とかで自分の発明物語を再々語っておる。けれども、一流メディアの朝日新聞であるからには、そういう主張に対して「異論」があることは十分知っていなければおかしい。加えていえば、先に書いたように今回の「まんぷく」はしょせんドラマである。そもそも安藤百福は台湾出身のかなりのやり手の人物だったようだが、テレビに出てくる人物はそういう設定にはなっていない。これは「このドラマは基本フィクションですから」というあからさまなメッセージでもあるのだが、にもかかわらず虚構と現実を取り違えてしまうというのは、この天声人語子、ひょっとして「主人公が死んでもリセットして何度でも生き返ることのできるゲーム」のやり過ぎなのではなかろうか。

結論。記事を書く時にはもうちょっと慎重に事実関係を調べること。「ドラマと現実は違う」とわきまえること。