近年、喫煙者への風当たりには相当キツいものがある。

オレも一時期禁煙していたのではあるが仕事上のストレスなどもあって今ではすっかり悪習(笑)が復活してしまい、そんなこともあってか、「喫煙=絶対悪」という最近の喫煙者狩りには行き過ぎたところがあるのではないかと考えている。

むろん、非喫煙者への配慮というのは、流石にこういうご時世なので絶対必要ではある。さはさりながら、喫煙者自体が自らの寿命が縮むのも納得の上でタバコを吸うのであれば、それは放っておいてあげるべきではないか、というのがオレの持論である。

こういうことをいうといろいろ反論されるのであるが、その論法の一つとして「いや、喫煙者は医療費をたんと使ってしまうので社会に対しても害悪を及ぼしておる。一つもいいことはないので止めなさい!」というのがある。いやだがしかし、少なくともこの論点についてはオレには何だか釈然としないものがあるのだった。

なんとなれば、そもそも喫煙者は早死にする。生涯を通してみれば、喫煙者の医療費総額というのはダラダラと生き続ける非喫煙者よりも少なくて済んだりするンではないか。

こういう年来のギモンに対してなかなかストレートに答えてくれる人はいなかったのであるが、日経新聞5月25日の「経済論壇」のコーナーで、慶応の土居丈朗先生が或る論考に触れていて、それがまさにこの「喫煙者は金食い虫か」問題を論じているようなのだった。

それは「週刊エコノミスト」5月14日号掲載の康永秀生・東京大学教授による「予防医療で医療費は削減できない」という論考なのだが、ネットでも全文は読めないので、とりあえず土居先生の要約を以下に引用させていただく(適宜改行を入れた。そのうち見えなくなるとは思うが念のためリンクを貼っておく)。


健康寿命を延ばすために予防医療は推進すべきだが、それによって「国民医療費を削減できる」という主張は誤りだと断じるのは、東京大学教授の康永秀生氏(週刊エコノミスト5月14日号)である。

予防医療で疾患の発生や重症化が抑制されるものの、長期で見れば医療費がむしろ増える可能性もあるという。先行研究によると、喫煙者のグループと非喫煙者のグループを比べると40~60歳代で喫煙グループの方が非喫煙グループより医療費が少し高くなる。しかし、70歳を超えると非喫煙グループの方が医療費が高くなり、生涯の医療費は、喫煙グループの方が寿命が短いため、非喫煙グループの方が高くなる。

予防医療は病気にかかるタイミング、つまり医療費がかかるタイミングを先送りしているのであり、医療費をなくすわけではない。


要するに、喫煙者は早く死んじまうので、累計でいくとタバコ吸わないで長生きする人よりも医療費はかからないというのである。

なんだ、オレの直感は正しかったンじゃンという話である。

それと、おそらくこれは論理の流れとして当然想定されることであるが、喫煙者は早死にするので政府にしてみると「年金」の支払いも少なくて済むことになる。医療費も節約できるし、年金の払いも節約できる。言うまでもなく、喫煙者は当然タバコを買う際に高額の納税もしている。となると、喫煙者は国家のために多大なる貢献をしている大功労者ということになるのではないか!

なんで国家に対する大功労者がこんなに叩かれなくてはならないのか。ホント「石が流れて木の葉が沈む」というのはこのことである。

もちろん誰だって死ぬ時には「あぁタバコなんか吸って寿命縮めるンじゃなかったよー」とかいって後悔したりもするだろうが、ナニ、考えようによっては惚けて無残な末路をさらすより正気を保ったままタバコ吸いすぎでガンで死んでく方がシアワセという考え方もないではなかろう。その辺はなかなか正解の出ないところだろうが、とりあえず「タバコ=悪」で思考停止するのは余りに一方的ではないか。

オレなんかも、たまにそこいらでヨボヨボのジジイがウマそうにタバコを吸ってたりするのを見ると、「なんかいい光景だよなあ」と思ったりする。それぐらい許せよ。


【追記】
その後、朝日新聞にもこの康永秀生教授へのインタビュー記事が出た。例によってカネを払わないと読めないのだけれどもいちおうリンクを貼っておこう。
喫煙者は早く死んじまうので、生涯を通じての医療費はむしろ安上がり(などという品のない言葉は使ってないがw)になるようだ。やはり喫煙者はお国のために我が身を捨て、犠牲を払っている愛国者であったようだ。