全然読めないのにも関わらず時々英語のUFO関連本を衝動的に買ってしまう。今日届いたのはこの本。

IMG_4998




題して「Unexplained Mysteries of the 20th Century」。



何だかよくわからんが、著者は英国のフォーティアンとおぼしきボード夫妻(全然知らんけど)であるらしい。こないだジェローム・クラークの「Unexplained!」について検索かけてたら、たまたまAmazonでこの本をレコメンドされてしまい、確かに1990年刊行の本でかなり古いけれどもレビューでイッパイ★がついていたし、かつ今も新刊で出ているということはそんなヘンな本でもなかろう(いや十分変だとは思うが)ということでミズテンで頼んでしまった。

パラパラッとめくっただけだが、UFOとか人体発火とかビッグフットとかそのあたりを幅広く紹介しているようであり、たぶん黒沼健的な本であろうと推察ス。

後ろのほうに各国の事例紹介ページみたいなのがあって、日本の項目をみたらよくわからん事例にまじって北海道・萬念寺の「毛が伸びるお菊人形」が「Okiku-chan doll」として紹介されており、和んだ(笑)。


IMG_4999



*ちなみにこの写真でいうと萬念寺ケースの3ツ上には毎日新聞が何故か紙面に載せてしまったため「信憑性アリ!」という誤解を与えてしまった「藤代バイパス車両失踪事件」の話も出ており、なかなかに興味深い。秋田の落涙するマリア像なんてのも見えますナ