ここンとこTwitterは自粛して「そのぶんブログでも書きましょか」的なノリでムリヤリ毎日何かしら書き続けているンだが、昨日ジョン・キールの話を書いた流れで今回も関連ネタ。

本日は日本語版Wikipediaの「ジョン・A・キール」にはどんなことが書いてあるンだろうなーと思ってのぞいてみたンだが、この記事中の「モスマンの黙示」の項目には何だかヘンなことが書いてあった。

というのは、この項目を読む限り「キールったらいろいろ捏造しやがって!悪ィ奴やなァ」的な話になっておるのだが、その論拠としてここで論及されている「スケプティカル・インクワイアラー」の記事を検索してザッと目を通してみたら、むしろこれは「イロイロと怪しい話を仕組んだ黒幕はグレイ・バーカーですた」的な話ではないのか。

つーか、そもそもこのWikipediaの記述によれば、この「スケプティカル・インクワイアラー」の記事はシャーウッドとグレイ・バーカーが共同で書いたような話になっておるンだが、バーカーはこの時点(2002年)では死んでおるでしょうが。いや確かにキールがアヤシイことを書き飛ばしているのは認めるが、これはちょっと違うだろうコレ書いたヤツは欺瞞の使者(Ⓒジャック・ヴァレ)認定。

何度も言うようにオレは英語不如意でかつ例によって今晩も酔っ払っているので何だかワケ分からん状態なのではアるが、そのうちちゃんと読んでブログのネタにしてみよっかなー、みたいな。


【追記1】
そうだ、そういえば映画「プロフェシー」の関係者含めて一連のモスマン事例に絡んだ人々は「ツタンカーメンの呪い」的に大量死しておるという話をローレン・コールマン辺りが広めているらしい。ひょっとしたらASIOSさんあたりがその辺すでにDebunkしていたような気がせんでもないが、そのあたり仮に手つかずであったら将来ブログのネタにしようかなどとメモライズ。

【追記2】
本件のキーパーソンの一人であるウッドロウ・デレンバーガーはイロイロ騒動があったあおりで離婚してしまいましたお可哀想にという話を某UFO手帖編集長に教えてもらった記憶があるが、今回「プロフェシー」を読んでたら、そのあとコンタクティーつながりで美人の奥さんと再婚したとゆー話が書いてあり、なんだ全然オイシイじゃんと思つた。