昨年末にやってきた新車インプレッサスポーツであるが、その後も休日などには極力乗るよう心がけてきたせいか、結構体になじんできた感がある。

ここまで高速道走行が多かったこともあるだろうが、燃費も12~13キロ/リッター台で推移しており、まずまずである。

インプレッサのもうひとつの弱点だといわれるエンジンも、確かに低回転域のトルクはこれまで乗っていたゴルフの1.4Lダウンサイジングターボと比べればちょっと薄い感じではあるが、走行モードを切り替えるスイッチをスポーティ寄りの「Sモード」に入れれば、まぁそこそこ頑張ってくれる。

高速道での半自動走行を可能にするツーリングアシストはすこぶるラクである。悠々と走る分にはとりたてて問題はない。ということで、おおむね満足しているところである。

ただ、ちょっと気になっている点がないではない。ディーラーでつけてもらったインプレッサの純正ドラレコである。

今回買ったのはフロントカメラとリアカメラがついたヤツで、三菱のカーナビ(DIATONEサウンドナビ NR-MZ300-BIN-3)と連携する。つまり、車内のナビ画面で録画したドラレコ映像を見ることも可能だ。そういうところは大変結構なのだが、いろいろチェックしていくと物足りないところも出てくる。

で、とりあえず見ていただきたいのだが、これはドラレコのSDからPCに落としたドラレコの映像(というか映像から切り出した写真)である(mp4)。

WS000355


ご覧のように奇妙な画像である。この上のほうに映ってるのはフロントカメラが撮った映像で、解像度は1920×1080。左下に映り込んでるのはリアカメラが写したもので、解像度は640×480である。そして右下のブラックアウトしたところに時間とか場所のデータが入っている(ちなみに位置情報などは消してありますw)

ということで、オレも今回初めて知ったのだが、つまりこのドラレコは前後の映像を別々のファイルにするのではなく、一つのファイルにまとめて記録しているのだった(従って画像全体のタテ方向は1080+480=1560ピクセルということになる。結果、全体だと1920×1560というヘンなサイズになる)。

で、この画像をつらつらと眺めると、やはりリアカメラの性能の貧弱さが際立つ。きょうび珍しい640×480であるから走行車両のナンバーはほぼ視認不能である。あおり運転とかされた時の証拠にはなるだろうが、あくまで前のカメラの補助役ということなのだろう。

実のところ、このリアカメラはバックモニター用のカメラを一石二鳥の兼用で使っているヤツなのでいろいろ言っても仕方がないのだが、う~ん、こうやって眺めてみると、やっぱショボショボ感が漂ってきていささか哀しくなるゼ。

それともう一つ言うと、オレは当初、このフロントカメラの映像をPCに落として「ドライブ記録」とかいって保存するのもいいかなーと思っていたのだった。だが、こういうデータだと、フロントの画像だけ切り出そうとしてもどうやればいいのかわからない。

ちなみに、ドラレコ付属のSDカードに入っていたビューワーソフト「DR Video Viewer」(ググって調べるとどうやらパナソニック製らしい)で見ると、もちろん上の写真みたいな映像が出てくるが、それだけじゃなくて、ボタンを押せば「フロント映像だけ」「リア映像だけ」という風に画面を切り替えて見ることもできる。下の写真は「フロント映像だけ」モードで映し出された画像である。

WS002220355


こういう細工ができるんであったら、うまいことやりゃフロントカメラの映像だけ切り出せるンじゃねーかYO!と思ったりもするのだが、そこはなにぶん典型的文系脳の悲しさで、そこで思考は停止してしまうのだった。


【追記】

えーっと、すぐ上で「映像の部分的な切り出しとかできんのか?」と書いたところであるが、そこは自己解決しました。「Filmora9」みたいな安いソフトを買えばトリミング、簡単にできるのネ・・・

なお、「そもそもこのドラレコはドコ製なのか」という問題であるが、ネットでググってみた限りでは「インプレッサの純正はデンソーテン製だ」といろんなとこに書いてあった。してみると、今回からパナソニックに切り替えたのだろうか? 念のためデンソーテンのドラレコビューワー「DR Viewer S16」ゆうのをネットから落としてきて、ドラレコ映像を映してみようと試みたが、「開けません」とかいって拒否られてしまった。

【追記その2】

「これってパナ製みたいだけどホントにそうなのか? わからん」的なことを上で書いたばかりだが、その後、スバル純正ドラレコのフロントカメラを写真に撮ってきて(写真上)これをネット上に転がってるパイオニアのドラレコ商品の写真と比較してみた。で、見たところカメラの形状はほぼ同一のようである。どうやらこれは「CA-DR03TD」(写真下)がベースのドラレコのようだ。この機種の説明書をネットで拾ってきてザッと見てみたが、まず間違いない。

ただし、「CA-DR03TD」は同型のカメラをフロントとリアに取り付けるドラレコであるが、今回のインプレッサの場合(何度もしつこく書いて恐縮ではあるが)リア用カメラはリアビューカメラで代用している。「後ろの撮影にわざわざ専用カメラなんかつけなくてエエやろ。無駄無駄無駄」という判断を下したようだ。コストカットということなのだろうが、もうちょい優秀なカメラだったら良かった。チト残念。

oerl

timthumb (1)