2007年02月

UFO本の古典といわれる「passport to magonia」のペーパーバックが日本のアマゾンで売りに出ていた。「525円。通常3~5週間以内に発送」などと書いてある。さっそく購入申し込み。

いや~、しかしなんかこれ、あり得ない話なんだが。何かの記載ミスの可能性が高い。

売りにでてるペーパーバック、1975年の刊行とあるが、現時点で新刊として売られてる本ではない。事実、同じアマゾンでも93年刊のペーパーバックは「ユーズド商品:¥15,854より」などと法外な値段で売りに出ている。本家amazon.comみても、93年のが$49.97超で出てるだけだし


とゆーわけで、そのうち「間違いでした」というメールが来るに違いないのだが、念のため。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アットワでのゴブペット狩りでようやく黒34に。引き続きアットワでミミズ狩り。黒/赤。

しかしミミズが複数固まって沸いているケースが多い。リンクの危険があるため、そういう場合はなかなか手が出せない。しかも、しょっちゅうエレが沸く。エレの魔法感知範囲外であれば戦えるのだが、場所が限定される。実際はじっと座っていることが多く、あれやこれやで黒にとっては決して戦いやすい場所ではない。じらされたあげく、「リンクしないだろうなー」と楽観視して戦闘始めたら結局リンク、逃げだそうとしたらバインドくらって憤死、ということも。

嫌気がさして狩り場変更。黒/獣にして東アルテパのクモ、ともぐい。「つよ」はいないが、はるかに安全。ゆっくりとした歩みではあるが。35にあがったら勝手知ったるビビキー湾で黒/獣、とするか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

FFのプレイ日記にはそぐわない話だが、2ちゃんをみていてマツリ発見(→まとめサイト)。

NHKの番組にRMTやってるオヤジが顔を晒して出演、得々とRMTの哲学(笑)を語っていたところ、さっそく「なんちゅーおやじだ」とゆーことで板が立ち、キャラが特定されてしまったというのである。たかだか数日でここまでやっちまう板の住人、さすがだ。

まとめサイトでリンクのあったyoutubeでこのオヤジみてきたが、しかし、なんともイタイ話ではある。オレもおやじなので他人のことはいえんが、少なくともいい年をしてすることじゃないよなー。もって他山の石とせよ、か。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アットワに籠もった黒/赤33歳だが、昨晩またゴブペット狩りを再開。だが、チト酔っていたんでしょうか、釣りミス。すぐ死んだ…。死にデジョンでバスへ。

むきになっていたのでしょう、競売でリレイズピアス買って(3万8千もした…)、OPテレポで再びアットワ。で……またすぐ死んだw。生き返って、懲りずにまた再開。で……こんどは間違ってアントリオン釣ってしまい、やむなくデジョンで逃げた。

こうやって書いてみると、やっぱり相当酔ってたみたいですな。反省。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

で、リア・ディゾンである。このところ一気にブレークしつつあるアイドル(?)タレントということなのだが、おそまきながらウィキペディアあたりであらましを追ってみたりする。

「グラビア界の黒船」という惹句で売っているようだが、要するに、もとはアメリカでモデルとかレースクイーンをしていた娘である。そいでもって、営業活動の一環(笑)としてネット上で「せくしぃ写真」などアップしていたところ、萌え~度満点のセーラー服画像、あるいは黄色人種の血もまじっているとゆーエキゾチック(笑)な容貌など琴線に触れるところもあったのだろう、日本人のファンがいっぱいついた。で、最終的に日本の事務所に所属して本格的にタレント活動を開始することに…という流れらしい。

とゆーわけで、ネットでどんな娘なのか画像を探したりしたワケだが、ここで「う~ん」とうなってしまった。

最近の写真をみると、あぁ確かにこれはアグネス・ラム的な(古ッw)「東西融合の美」とゆーか何とゆーか、かわいらしいけど出てるトコも出てる娘、みたいな感じ。受けるのもワカルなーと思う。

ところが、おそらくアメリカで活動していた頃の写真だと思うんだが、そういう「かわゆいイメージ」を裏切る一連の画像があるわけだ。なんちゅうか、いわゆる「オッパイ手ブラ」はもちろん、古典的な四つんばい挑発ポーズなんかもあって相当エロ濃度が高い。

そう、「プレイボーイにおけるプレイメイト」みたいな、せっくす・あぴーる全開、オンナ度全開みたいな感じ。メークもマスカラばっちり的で、そうとうケバイ。

で、おそらく、この辺はアメリカと日本の「エロ観」の違いを反映してるんだろうと思うンである。つまり、レースクイーンとしての彼女がアメリカで売りだそうと考えれば、野郎どもが「イイ女」と思うオンナを演じなけりゃならんわけで、すると必然的に「派手でワイルドでケバいプレイメイト」がお手本になる、と。

ところが日本の男が「いいなー」と思うオンナは、たぶんちょっと違っていて、おそらくプレイメイト的魅力はそれほど重要ではない(杉本彩がイマイチメジャーになりきれなかったことを思い出してほしい)。せくしぃ度も大事なんだけど、そこに「カワユ~イ」的要素が一枚、どーしても必要になってくる。そう、日本伝統の「アイドル」に典型的なたたずまいですな。そーいえば、枕草子から「萌え」にいたるまで、日本文化には「かわいい」重視の系譜があった、という議論もある(たぶん)。

で、恐るべきはリア・ディゾン、その辺の切り替えをキッチリこなしてるのだ。まぁセーラー服写真をアップしてたというあたり、もともと「萌え~」感覚もワカッテルひとだったんだとは思うけど。郷に入っては郷に従え。日本にきたら(まぁエロ要素を封印するわけじゃなくて、小出しにしていく戦略はアリだろうが)メークから何から、ちゃんと「アイドルの文法」に従ってキャラを作り替えておる。

ちと陳腐な感想ではあるけれど、どうとでも変われるオンナってコワイ……リア・ディゾンをみてるとそーゆーことを考えたりもするのだった。

←使用前(右)・使用後(左)、っちゅーかw

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

黒ソロだが、Lv32になったので、昨晩はサポに赤つけてアットワ地溝。ぺってんで教えてもらった狩り場(J-10)へ。すでに先客がいたので、いったんログアウトして夜中に顔を出し、誰もいないのを確認してからハンティング開始。

ゴブリンペットのトンボを狩るわけだが、なるほど、うまく釣れるとオイシイ。抜刀→ディアで釣って岩場の陰に走り込み、ストーンII・ドレイン・ファイアぐらいで沈む感じ。念のため盾タイプのフェロー併用したので、経験値的には女帝アリでも1匹あたり100台で大したことないのだが、倒して1分半ぐらい(?)で次のが沸く。で、けっこうチェーンがつながる。最高4チェーンまでいった。やがてLv33に上がった。経験値はさらにショボくなったが、まぁ回転が早いから34までは粘りたいところ。

もちろん親分のゴブにみつかって惨殺される不慮の事故も再三あった。現地入りしてから3回(!)死亡。ヘタレといえばそれまでだが、やっぱり慣れないとこんな感じだろうな。

そのつどリレイズピアスで復活したので実害は少ないが、リレイズピアスはこれで使い切ってしまった。@4000 to Next levelでログアウトしたが、Lv34まで死なずにいけるかどうか。この狩り場、死んだらまず辻レイズは期待できないからなー。

無事に上がったら、帰り際、アットワの谷にLv34でいけそうなミミズがいるので、死ぬまで(笑)狩っていこうと計算しているのだが、そううまくいくかどうか。いったんデジョンして、リレイズピアス買って出戻ってくるべきかどうか。ちと悩んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コロロカで黒/獣withフェロー(回復)、やっとLV32に。つぎはどこいこうか…。

コブペット狩りというのは本格的にやったことがないのだが、このレベルだとアットワ地溝が旨いらしい。この場合は黒/赤がいいのかもしれない。もう少し上げたら、同じくアットワ地溝でミミズという手もある。こっちは赤ソロでお世話になった記憶がある。こっちもたしか操るモンスターいなかったから黒/赤だろうか。エレが沸くので黒はやりにくいかもしれないが。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

黒ソロはクフィムでLV30になったので、狩り場を変える。西アルテパから入ったコロロカ。今度はサポ獣で、回復タイプのフェローをつけてみる。フェローもケアルIIIなんかかけてくれるし、なかなか感じがよろしい。まずまず順調にLV31に上がる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

新しいCPUクーラー、「忍者プラスRev.B」が届いたのでさっそく取り付けた。まずはマザーボードに478リテンションを取り付け。プラスチックのピンを奥まで差し込んでみたが、なんかヤワな感じは否めない。が、まぁ良しとする。

ついでクーラー取り付け。P150&P4P800-SEに無事装着できるか、いささか不安。最初、わきのコンデンサにヒートパイプが接触したので蒼ざめる。が、90度回転させて、縦・横かえてつけたらOK。いちおう縦・横の区別があるのだった。

リテンションにパチッとはめるが、何となくグラグラ感あり。でもまぁ良しとする。で、マザーボード装着。とりつけるとき、いったんリアの12cmファンを外す必要があったが、干渉なし。サイドパネルもキチンと閉まる。ホッとする。

起動。クーラーファンは12cm1200回転が定格だが、MBのQ-fan機能で900回転ぐらいまで落とす。で、これまでCPUの温度は50度くらいまで上がることがあったが、今度は40度いかない。音もだいぶ静かになった。結果的に大成功であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

黒(サポ赤。withフェロー)でその後もクフィム。デルクフの塔前。アイススパイクとアクアベールかけて抜刀→バイオ→ストーンⅡ→サンダー→ドレイン→ストーンⅡ…といった感じで短期決戦を挑む。相手はカニ、魚、ときどき巨人。MPが切れたらオシマイ(まぁフェローがいるのでそこそこ応戦はできるが)という戦いなので、一戦ごとにけっこうヒーリングの時間がかかる。チェーンは2回が限界。マッタリしつつ、それでもLV29到達。

クフィムで30まで粘ろうと思う。30になればサポ獣で「まってろ」使えるようになるから、黒/獣にチェンジしてもいいだろう。その場合は、例によってカニ@コロロカ、かな(苦笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ