2008年02月

青53になって、いまは東アルテパの北東域から入った流砂洞。クモ・カブトを操り、「つよ」のクモ・カブト・アリ人間をシバくパターン。たまにパーティーがいるのが難点。しかし、このレベルだと奥のほうにミミズの狩り場もあるのだが、進入していくにはスニークかサイレントオイルが必須なので、青サポ獣だとやりづらい。やむなし。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

で、細々とFF11を続けてはいるのだった。

もっぱら青サポ獣でソロ道を邁進する。ユタンガ、ヨアトルを卒業、西アルテパのカブト共食いを経て、Lv51のいまはクロウラーの巣に。操り時に光杖を使えるようになった。狩り場はドーナツルーム。トンボや芋虫を操って、トンボ・キノコをたたく。

つねに混んでいるのが難点ではあるが、まぁ操りミスなどなければまずまずの狩り場。たまに死んだりもするけれど。 53、54ぐらいまではここで過ごすのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

という訳でモチベーション低下をぼやいていたわけだが、さっきログインしていたら、ヨアトルの狩り場で、なんと「ブログやってる方ですか?」と突然TELが! 獣47サポ白のAさん(某ジャストシステムの製品名によく似た名前の方であったが)と仮にしておくが、うーむ、ヴァナディールのフィールドで「ブログみた」と言われたのは初めてであり……正直うれしかった。

この某Aさん、近くでソロってたので挨拶してから落ちたが、獣ソリストの灯は消えず、というわけで、こんな自己満足系ブログでも見ていただいている人がいるかと思うと、もすこし続けよっかなー、と思ったりする。ほとんどオフライン感覚でFF11やってる邪道系プレーヤーではあるが、こういうときは何やかやいってもオンラインって捨てがたいものがあるよなーとしみじみ思う。

追記
この某Aさん、「何かどっかで見た名前だな~」という気がして、よく見たら昨年11/4のエントリにコメントくださった方らしい。お元気で~

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

で、ここにきてFF11やるモチベーションがやや低下してきている。赤の最後のAFも何とかゲットしたことだし、とりあえずLV43の青でもあげようかとヨアトル、ユタンガに入ってゴブ狩り始め、44に上がったまでは良かったが、ペットのオポオポで2匹目ゴブに挑んでいるところで反逆喰らって敢えなく憤死、死にデジョンでHPのバストゥークに戻ってみれば何となく「あ~ぁ」という感じ、潮時なのかなあとしきりに思われてくるのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

赤AF3の後半戦、獣75(サポ赤+フェロー)でやってきた。以下、その覚え書。

例によって要塞1門は通りすがりのPTに開けてもらって進入。まずキャリーを呼んでから、周囲のコウモリ叩いてTP300まで貯める。キャリーのリキャストタイムを待ち、ストブリなど防御魔法一式&リレイズゴルゲット&回復フェロー召喚。NMロボ沸かせて、いざ開戦。

「たたかえ」→WSランページ→→「ひきつけろ」。ヘイトがキャリーに移ったところで戦闘解除し、いったん待避。「ほんきだせ」「いたわる」、さらにバイオIIなど適宜。

さて、ここからが問題。「キャリーだけでは敵の攻撃をしのぎきれない」と聞いていたので、2門前のスライムを適宜ペットにしてしのごう、というのが今回の基本戦略。そこで、頃合いをみて「もどれ」「たたかえ」を繰り返し、2門前に誘導する。NMとあまり離れると赤ネームが消えてしまうのではないか、という懸念もあったので。


そうこうするうち、キャリー沈没。すかさずキャリー2を召喚して「たたかえ」→「使い魔」(2匹目で極力リキャスト時間を稼いでほしいという狙い)→「ほんきだせ」「いたわる」etc。時折、バイオII、ポイズンなど放ちつつ様子見。


で、キャリー2沈没。まだキャリーのリキャスト時間が稼げていないと思われたので、ここでいったんスライム操り→「たたかえ」。だが、ヘイトはなかなかスライムに向かわない。いま考えるとグラビデでも一発入れるべきだったが、動転していたので、ひたすら逃げ回る。付き添いのフェローがもっぱら殴られ役となり、間もなく死亡。ムギド君、ごめんなさい。合掌(ここが一番辛かった)。


それでもようやくヘイトがスライムに向かう。このスキに回復フェロー再召喚。体勢立て直す。


つなぎのスライムは、さほどもたずに死亡。ここで満を持してキャリー3召喚→「たたかえ」→「ひきつけろ」。いったん距離おいて、防御魔法掛け直し、再び様子見。あとはキャリー3がどこまで頑張ってくれるか。

しかし、キャリー3も敵WSの連発でかなり危ない。汁ペット再召喚の時間はまだ先だ。かといって、スライムにペットを切り替えようにも、その間にまた集中的に被弾するのは目に見えている。南無三。NMのHPがあと数ミリまで来たところで、思い切って殴りかかる。

なかなか削れない。フェローが得意の「チッ、こいつめ」のセリフ。ストブリファラも剥がされるが、あとはWSの応酬という壮絶な殴り合いだ。グイグイ削られ、もう駄目かと思ったが、残りHP200ぐらいでようやく薄氷の勝利。フェローのHPも残り2ミリぐらい。使った食品は海串とヤグドリ3本。ハイポは結局使わなかった。


かくて赤AF頭のワーロックシャポーをようやくゲット。ここまで長い道のりであった。…と同時に、なんとなく「やることはやったな」的感慨も。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ