2012年10月

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、「角田美代子被告」としてメディア各社が使ってきた顔写真が実は別の人のもので、「あれは私の写真。間違ってる」といって名乗り出た人が現れたらしい。なんか和服姿の女性の写真に見覚えがあるので、それのことだろう。

まぁ各社も角田の顔見知りの人に当てて、「これで間違いないか?」と確認をしている筈なので不思議なのだが、おそらくこの女の顔写真は稀少で、たまたまこの写真を入手した会社が重大なる勘違いをしてしまって「これデス」と堂々と使い始めたもんだから、後続の他社も「あぁこの写真を探し出せばいいんや」みたいに刷り込まれてしまい、その辺のチェックが甘くなったんではないか。

それはともかく。

以上のハナシとは直接関係ないのだが、この取りちがえにかんしてひとつ連想したことがあって、つまりここで言いたいのは「これは凶悪犯の写真でアル」といったキャプション付きの写真をずっと見せられていると、その顔がホントに悪人ヅラであろうがあるまいが、だんだんと「あぁこいつ悪そうだなー」と心底思うようになってしまう、という人間の不思議な心理である。

e056fd3e.jpg


指名手配犯のポスターがその典型で、こないだ死亡していたことが判明した「おい小池」の小池俊一容疑者とか、あるいはこれもまた捕まったオウムの連中でもいいんだが、何の先入観もナシにみると、けっこう良さそうなヒトにみえなくもないんだが、しかしやっぱりああいうポスターをずっと見ていると、「けっこう腹黒いんじゃネ」→「悪相が出てるよネ」→「やっぱワルの顔だ」という風になっていくのだった。

そういえば南伸坊の本で、なんというか書名は忘れたが、日本人の顔写真の下に「朴東冠」みたいな韓国風の名前をつけて、そういうのを何人分もずらっと並べて見せているページがあって、で、そういうのを見ていると実際には日本人の顔なのに、「あぁ韓国人ってこういう顔してるよねー」という気持ちに何となくなってしまうのであった。

じっさいオレたちも「角田美代子被告」として見せられてきた写真にたいして、だんだんと「あぁ流石にふてぶてしいツラだよねー」という気持ちになってきてはいなかったか。考えてみると、こういう偏見によるトラップというのはいたるところにあるのではないか。怖いハナシではある。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

石原慎太郎の突然の国政復帰宣言で来月東京都知事選が行われることになり、で、この間隙をついてマック赤坂がまた出馬するというのであった。

akasaka.jpg

いうまでもなく、マック赤坂という人は「スマイル党総裁」として過去都知事選に出馬したり、このあいだの新潟県知事選にも出ていたり、まぁいってみれば生ける泡沫候補伝説というか、そういう人物である。

気になるのである。なんでこの人はこんなことをしているのか。

検索をしてみると、ウィキペディアにはこんなことがかいてある。

財団法人スマイルセラピー協会会長として全国で講演活動を実施、老人介護施設等でボランティア活動を行っている。このスマイルセラピーとはスマイルをメイクすることでメンタルをマイナスからプラスへネガティブからポジティブへ変えるトレーニング療法である。モテない人をモテモテに変える「恋愛モテモテコース」などもある。


京都大学農学部を出て、伊藤忠に勤めていた、ともかいてある。で、今はこの「財団法人スマイルセラピー協会会長」としての講演活動とかで生活しているらしい。謝礼は2時間で20万円以上、とある。選挙で名前はそこそこ売れているらしいので、そこそこ商売になるのかもしれない。なお、上のブログをみると愛知県教委で講演をしたようなこともかいてある。大丈夫か愛知県教委、と思わんこともない。

にしても、なんでこういうことをしているのか。わからない。本名は戸並誠というらしいのだが、何で日系二世みたいな名前を名乗っているのか。なんで「赤坂」なのか。わからん。およそ泡沫候補のヒトというのは謎であるわけだが、一度じっくり話を聞いてみたい。なにがアンタをこういう活動に駆り立てるのか。楽しいのか。ま、楽しそうではあるが。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今はこの文庫版は絶版になっているようで、増補新装版というのが出ている。しかし、いま振り返ると、どーしよーもない(と自分が思う)ヤツを思いっきり粛正してやりてーという思いは、ある意味、00年代に登場した「デスノート」を先取りしていたのかもしれぬなあ。まぁギャグなので、そっから先、「でもマジそういうのアリ?」みたいな問いかけは全くない(笑)。なおこの作者が高名なエロ小説家だというのもよく知られた話。

ケンペーくん (幻冬舎アウトロー文庫)

ケンペーくん (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 作者: ならや たかし
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 文庫

 現代に甦った憲兵が、軟弱な若者、暴走族などを殺戮してまわるというギャグ漫画です。最初は自費出版された作品だそうで、話には聞いていたんですが、このほど文庫本になってようやく入手することができました。

 オジサンとしても、電車の中でしゃがみこんでいるような性根が腐った?ワカモノには「なんだかなー」と思うこと、しばしばあります。だから、ギャグと思えば、けっこうカタルシスがあって痛快…なんですが、なにか作者の方はマジで「大日本帝国万歳」系の人のようなんですね。ちょっとシャレになんないよ、という気もするんですが。

 まあ、でもオススメ。(99/12/25記)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつも書いていることだが、当ブログで一番読まれているのは『小林朝夫氏の「予知」」を検証する』というエントリーである。こんなショボいブログであるのに、このエントリーに限っては約1年半の間に3マンほどのページビューを頂いておる。

まぁオレは必ずしも同意しないのだが、「どれだけの人に読まれたか」というのはブログにとってアルファでありオメガである、という考え方もないではない。その意味では、なんか偏屈なことばっかり書いて世の中から全く相手にされていない当ブログにとって小林朝夫という人物はいろいろとネタを提供してくれる有り難い人物、といえないこともないのでアル。

となると、立場的には「朝夫さん有り難う」と言いだしても不思議ではないオレなのだが、むろん腹の底ではそんなことなど寸分も思っておらず、しかしネタとしてはなかなか使い勝手のイイ人物であることは確かなので、またぞろ性懲りもなく朝夫ネタを書いてしまうのであった(以下、内容的には10/3の「学習という習慣のない人々」というエントリーで書いたことと同工異曲なのだが、若干切り口を変えているのでお許し願いたい)。


閑話休題。このグラフを見てほしい。

0a137bb4.jpg


これは当ブログの記事『小林朝夫氏の「予知」」を検証する』のページビュー、すなわちその記事を「どれだけの人が見てくれたか」を、この8月以降、一日単位で集計したものである。

で、一見してわかるように、ふだんは一日数件が当たり前だというのに、時折大きなピークが出現する。具体的にいうと9月10日の69件、10月2日の102件、10月17日の95件の辺りだ(注:なお、もうちょっと時間をさかのぼると4/14に306件というデータもあるんだが、そこまで記録をチェックするのは面倒なのでグラフは8月以降にしぼって作ってある)。

さて、これは以前も書いたことなので繰り返しになるのだが、なぜこんな地味なブログのエントリーにかくも多くの人がやってくるのかというと、これは明らかに、朝夫氏の「予知」を読んで「本当に地震が来るのだろうか?」と不安になった人々が「小林朝夫」と検索をかけ、その結果、けっこう上の方に表示される当ブログを人々が訪ねてくるからに違いない。

となると、この折れ線グラフの数値というのはすなわち、朝夫の「地震が来るよ~」という煽りに対してどれだけの人が動揺しているかを示す指標ともいえるワケだ。

じゃあ、朝夫がどういう煽りをすると皆さん恐怖におののいてしまう(笑)のか?

改めて朝夫のツイッターを見直してケンキューしてみた。その結果、ひとつ分かったことがある。

知ってる人はよく知ってるように、朝夫氏はツイッター上でのべつ幕なしに「平成関東大震災発生に対する警戒警報を発令中」などと口走っている。が、それだけではオレのところのページビューはほとんど伸びない。しかし、朝夫が具体的に「地震が起きる日時」を示すと、その時点で俺ンとこのページビューが急伸するのだった。彼のツイッターを引用しつつ具体的に指摘してみよう。

【【【【【【大地震警報 発生予測日9月11日 平成関東大震災発生に対する警戒警報を発令中 】】】】】】 2012年8月25日 - 12:04

どうも嫌な感じです 関東~北海道24時間以内にM8レベルの大地震が一撃来そうな気配です 2012年8月30日 - 9:47

11日に大地震が起きても「なんでもっと大声で、みんなに知らせなかったんだ」って言わないでね。ちゃんとツイートしてたから・・。 2012年9月9日 - 20:55

とうとう11日になってしまいました 大地震発生に備えて、今日は草原の真ん中で寝てます 2012年9月11日 - 0:33

→9月11日に大きなピーク

【解説】ここで示したように、朝夫さん、ツイッターでは8月25日から「9月11日に大地震!」と言い始めた。当ブログの反応を見る限り、その時点ではあんまりマジに反応する人はいなかったようだ。それでも予知された9月11日になると「やっぱ気になる」ということなのか、数字がグンと伸びたのだった(なお言うまでもなく、そんな大地震は起きなかった)。



【【【【 大地震予知 9月26日早朝 関東を大地震が襲う 】】】】 避難準備をされてください!! 2012年9月25日 - 0:23

→9月25日に小さなピーク

【解説】続いて具体的な日にちを示した予知がコレ。しかし、このときはピークはあんまり盛り上がらなかった。予知が前日ということで皆さんの目に触れるチャンスが少なかったのか、あるいは煽りの文句がおざなりで迫力に欠けたためか。そのへんの理由はよくわからん。



10月2日~3日に関東~東北で大地震発生の可能性があります!【【【【【【大地震警報 平成関東大震災発生に対する最高レベルの警戒警報を発令中 】】】】】】2012年10月2日 - 6:12

【拡散希望!!】10月2日~3日に関東~東北で大地震発生の可能性があります!  禁固刑覚悟の大地震警報を発令します!拡散してください! 2012年10月2日 - 6:44

私は、総理大臣でも、大統領でもありませんが、大地震発生に備え、ここに非常事態宣言を発令します! 2012年10月3日 - 3:28

→10月2-3日に大きなピーク

【解説】このときはシツコク吠えまくり、挙げ句の果てに「非常事態宣言」(笑)とか珍妙なことまで言って盛り上げた効果があったのか、多くの人の注目を集めることに成功したモヨウ。そして当然そんな地震は無かった。



地震予知 電磁波バースト発生!発生予測日10月20日±3日【【大地震警報 大震災発生に対する警戒警報報を発令 】】 2012年10月16日 - 18:35

→10月17日にピーク

【解説】これは現在進行形のネタ。「20日±3日」といっているので、その期限に突入した17日から気にする人が増えたのであろう。今後を予測すると、20日には若干盛り返すかもしれないが、当然大地震は起きないのでグラフは再び急降下。




★まとめ

というワケで、「具体的な日時をハッキリ言えば言うほどギャラリーの注目度は高まる」ということが言えそうだ。朝夫クンよ、わかったかね? 今後も極力時間は絞り込んで書き込むように(笑)。

ただし、そのつど彼の予言は外れてしまうので、せっかく注目をひきつけることに成功してもどれだけの人が有料ブログに入ってくれるかといえば、そこがいささか疑問なンである。

あるいは、冷静な判断力を失ってしまい、予言の正否がハッキリしない時点で慌てて有料ブログの契約をしてしまうウッカリさんが一定数いて、朝夫は「そういう頭の弱い一部の人がひっかかれば十分だよネ」と見切っているのかもしれない。慌てないで過去の彼の予知がどれほど当たってるか調べれば良いのに、とオレなどは思うのだが、何やかやいって日本人もまだまだ豊かなのだろう、「月980円ぐらい仮にドブに捨てるとしたってどーってことねーや」という人種も多いのかもしれぬし。




★2012/11/2の追記

3c8aa826.jpg


その後の経過も記しておこう。このエントリーを書いた時点では「10月20日±3日」で大地震が来る、という「警報」(笑)が出ていたのであった。しかし、オレのグラフでは危険日突入(笑)の17日にピークが来たあとは、ズルズルと急降下。

ちなみに朝夫、10月26日になって


発生予測日10月29日±3日【【【大地震警報 大震災発生に対する警戒警報報を発令・発令日10/26 】】

などとツイッターで騒ぎ始めた。で、大地震がないままこの危険ウイーク(笑)は11月1日に終わってしまったのだが、この間、オレのグラフにはまったく反応がなかった。おそらく朝夫の金づるの有料ブログも閑古鳥が鳴いていたのではないか(笑)。

つまり、あまりにも「警報」を乱発してきたのでギャラリーも刺激に慣れてしまい、全然怖がってくれなくなってしまったのでアル。頭の弱い人だと記銘力があんまりないので、2回3回外したくらいだと騙されているという自覚が生まれてこないのだが、これも9回10回ともなると、「ん?ひょっとしてデタラメ?」とか気づきはじめてしまうのでアル。

オレのグラフからはそういうトレンドが読み取れる。朝夫も今が正念場である。ここまで有料ブログで荒稼ぎをしてきたが、このままではジリ貧である。何か新しい作戦を考えないとダメではないか。さぁどうする。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まさにここに書いた通りで、オレの平田篤胤イメージを根本的に変えてくれた本。篤胤のことなどほとんど知らんオレだが、勝手なことを言わせていただけるなら、この本でみるかぎりでは現代のUFO研究家とかフォーティアンと、まぁそんなに違わねーんじゃねーか、みたいな。

仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)

仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)

  • 作者: 平田 篤胤
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/01/14
  • メディア: 文庫

 国学者・平田篤胤といえば江戸末期の国学者。復古神道の大立者で、「偉大なる神国日本」のイデオローグですね。単なる頑固ジジイ、みたいなイメージあったんですが、この本で見方変わりました。

 彼がある日、妙な子供の噂を聞くわけです。この小僧、「天狗」に導かれて「仙界」に赴き、修行を重ねてきた、という。そこでは仏教イコール邪教。敬神の念篤き「山人」(仙人みたいなもんですか)が日々修行を積む世界がある--。

 本書はその子供、寅吉への、いわばインタビューの記録。根掘り葉掘り仙界の話を聞く篤胤たちの、その嬉しそうな事ったらない。冷静に考えると、篤胤さん、妄想癖のある子供のホラ話に(よろこんで?)引っ掛けられているような気もするけど、でもいいんですよ、何かほほえましくて、ホノボノして。こうやって共同幻想っつーものが生まれるんだなあとつくづく思います。(2000/2/7記)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

これも良い本だったなー。これも不確かなんだが、山村にも商品経済が入り込んでいった時代、そのトレンドをつかんで裕福になっていった家にたいして「ほら、あそこの家はオサキ使ってるから」的解釈が施された、みたいな記述があったやに記憶している(例によって現物行方不明のため確認不能w)。なるほど負け惜しみっつーか、なんか釈然としない事態をどーにかして合理化したいとゆー我々愚者のおもいが、こういう民俗の根っこにあったりするのかもなーと思ったことであった

日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)

日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)

  • 作者: 吉田 禎吾
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 新書

 初版は1972年。昨年、中公新書創刊1500点記念で復刻されたものです。十数年前に手にして「名著だなあ」と感じ入った本ですが、いつのまにかなくしてしまって残念に思っていましたから、再び入手して感無量でした。

 どんな本かというと、かつて日本にはオサキやイズナ(見た目はイタチみたいなもののようです)といった霊的動物(?)を操って、人を病気に陥れたりする家筋があったっていうんですね。これは人類学者による、そのフィールドワーク。学術色の濃い本ながら、つい最近まで(というと大げさですが)、この種の奇譚が事実として語られていたんだなーと思うと日本民俗の奥深さみたいなものを感じてしまうのです。(2000/2/10記)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オレが買ったのはアース出版局版で、ここに上げた写真は別バージョンの借り物である。なお、ここに書いてあるように未完の作品なのだが、確かラストは編集者から「少年マガジンにゼヒ連載してくださいッ」みたいに頭を下げられるシーンで終わったような気がする。で、そんとき、「おぉ早稲田出のエリートがオレに頭を下げているッ! オレもここまで来たかッ!」みたいな梶原の感慨が描かれていたような記憶がある(現物はどっかに紛れ込んでいるので確認不能)。おぉ天下の梶原一騎にも学歴コンプレックスがあったのかー、けっこうセコイことで喜ぶのだなーと微笑ましい気分になったことを覚えている。
ちなみに、やっぱり今は絶版になっているようで、検索をかけてみると「お笑い 男の星座」ばっかり出てくるのが悲しい。

seiza.jpg

男の星座―一騎人生劇場 (1) (漫画名作館スペシャル―男のバイブルシリーズ)

  • 作者: 梶原 一騎
  • 出版社/メーカー: アース出版局
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: コミック

 「漫画ゴラク」に掲載されていた、漫画原作者・梶原一騎の未完の遺作です。梶原の自伝的作品、というわけで、彼を思わせる梶一太なる青年のビルドゥングスロマンですね。空手の大山倍達、プロレスの力道山なんかとの交友のエピソードも(全部ホントでもないだろうけど)出てきます。

 で、何がいいのかというと、男の子というのは「誰が世界で一番強いのか」みたいなことに興味シンシンなわけです。「腕っぷしの強さ」信仰みたいなものがあるんですね。その点、梶原って人は「ずっと子供のままで大きくなってしまった」みたいなところがあるんじゃないか。それで、まず格闘技がひとつのテーマになる。さらに彼は「男は強くあるべし」というところから派生して「男気」「義侠心」「不言実行」「信義」みたいなものを高らかにうたいあげる。

 まあ、フツーの人は「そんなもんじゃ世の中生きてゆけないよ」っていつのまにか気づいて、オトナになっていく。同時に時代も変わってきましたよね。梶原流の一途さが「重苦しい」と敬遠される時代になってきて、例えば彼が原作を書いた「巨人の星」は今やパロディーのネタ。

 でも、じゃあ梶原一騎はアナクロか、というと、「いやそうじゃない」と思いたいわけです。やっぱり「正義はある」と思いたいし、卑怯は許せない、「男の美学」というものはあると思いたい。彼の全盛期を知るおやじ世代は、ひそかにそんな思いを胸に彼の漫画を手にとるのです。本作は未完でもあり、完成度は決して高くない。でも、そんな梶原ワールドの熱っぽさはジンジン伝わってきます。 (2000/3/26記)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回の読書感想文も、むかし開設していたサイトからの転載である。とゆーか、順序立てて話してみると、この本が絶版になっていることを知ったオレが、思いあまって「復刊ドットコム」に復刊リクエストをしたのが2001年2月16日のこと(らしい。「復刊ドットコム」の記録を信じる限りw)。

そのとき「リクエスト内容」として書き込んだ文章を、たぶんネタ不足だったのだろう、当時のオレは同年10月11日に自分のサイトに転載した(らしい)。で、その文章をまたまたネタ不足に陥ったオレが再びこのブログに転載することにした、そーゆー話である。

聞くところによればこの本、今年中に国書刊行会から復刊されるのでは、というウワサがある。どうせ遅れるだろうヨという気がしないでもないが、まさに十年越しのラブコールであったのだなと感無量(なお、アマゾンを見てみると「どーせ復刊なんてもっと先よ、先。企画自体ポシャるかもしれないから、今のうちに買っとけよ」と言わんばかりに古本を出品しているヤカラが結構いて、本日10月15日の時点で最安でも8,789円! 国書刊行会、完全に舐められているナw)


何かが空を飛んでいる

何かが空を飛んでいる

  • 作者: 稲生 平太郎
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 1992/10
  • メディア: 単行本


 オカルト雑誌の定番のひとつが「宇宙人」ネタ。でも、「彼ら」は本当に「UFO」に乗って宇宙からやってきているのだろうか。そんなわけねえだろ、と普通の人は思う。でも、「わたしは見た」と言い張る人は後を絶たない。これって、なんなんだ!…というわけで、著者は一つの仮説を提示します。

 これこそ「現代版の妖精目撃体験じゃないか」と。いつも世も、人は何かの拍子に「奇っ怪なもの」を見てしまう。いま、心ならずも見慣れない存在に出会った人は、それを「宇宙人」と言い表すしかないのじゃないか…そんな議論が実証的な「UFO研究」を踏まえて展開されます。

 実は以前パソ通のフォーラムで教えてもらって興味をもち、国会図書館で一度閲覧した本なのです。というわけで以上はうろ覚えの要約。けっこうイイカゲンかもしれません。ま、とにかく再版をアツク希望している本なのです。(2001/10/11記)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

そういえば、いわゆるブログが広まる以前の時代であったが、しょぼいサイトを自前で作っていたのだった。その当時に書いたコンテンツを再録してみようかと思い立った。とりあえず本の感想文などアップ。


阪神タイガースの正体

阪神タイガースの正体

  • 作者: 井上 章一
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本


 さいきんの阪神関係の本の中では、これ、出色でしょう。

 なんでかというと、建築史が専門のこの先生、やっぱり毎日毎日現実の壁にぶちあたりながらも「明日こそは!」ってけなげに頑張る阪神が大好きなんだけど、よくよくプロ野球史を調べていったら、実は阪神ってけっこうズルイ球団で、そんなにカッコいい存在じゃないんだなー、とわかってしまった。いわば「阪神幻想」を自らぶちこわす本になってる。でもでも、そんなウラがわかってしまっても、やっぱり阪神を見捨てることはできないよ、みたいな切ない心情がにじんでて、そこがいいんだよなー。

 で、具体的にどんな話がでてくるかというと、例えば「阪神は基本的に巨人の腰巾着である」。戦後のプロ野球の2リーグ分裂のときなんか、阪神球団はさいしょ新リーグ(現・パリーグですね)に移る構えをみせながら、最後は「人気球団の巨人についてけば間違いない」と仲間を裏切った。巨人という体制に反逆する「反体制のヒーロー」なんてイメージ、作り物なんですわ。

 「作り物」といえば、「東京なんかに負けへん。わいらは大阪代表や」みたいなイメージもあるんだけど、実はこのあいだまで大阪を代表するチームといえば「南海ホークス」だった(今のダイエー)。歴史こそ古いけど、たいした人気球団じゃなかった。いろんな幻想をふりまいて、今の阪神がある…。

 ますます人間くさい球団・阪神の実像がみえてくる本です。(2001/10/06記)  

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

検証 予言はどこまで当たるのか

検証 予言はどこまで当たるのか

  • 作者: ASIOS 菊池 聡 他
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2012/10/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



今回の感想文はASIOSの新刊『検証 予言はどこまで当たるのか』(文芸社)である。

ここのところ超常現象本というジャンルが何となく元気がなくて、まぁ都市伝説方面なんかだと山口敏太郎のコンビニ本とかけっこうよく見かけるんだが、単行本だとなかなか触手の伸びるようなのがない。

そんな中でASIOSという団体はけっこう頑張って、きちんとした本を出している。ASIOSとは何かというと、正式名称は「Association for Skeptical Investigation of Supernatural」というらしく、正式名称もあるのかもしれんがつまりは「超常現象について懐疑的に研究する協会」である。この方面の研究者たちが集結し、様々なネタについて謎解きをしていくというのが基本スタンスらしく真面目に調べているので、今回の本などもついつい買ってしまったのである。

で、「なんと。吃驚!」みたいな話はあんまりないンだが、知らなかったことも相当書いてあるし、年々耄碌して「アレのことよ、アレ。何て言ったっけ、アレよ」みたいな言葉を発しはじめたオレにとってはよくできた資料本みたいなところもあって、たとえばノストラダムスの言う「ヒスター」はドナウ川の別名である、みたいなくだりを読んで「ああ、そうだったそうだった、ライン川じゃなくてドナウ川なんだよネ」とか相づちをうったりするのである。細かい話はすぐ忘れちまうんだろうがw(ちなみに今回登場してノストラダムス論を書いている山津寿丸氏はちゃんとテキストクリティークとかした上で史料を読み込んでいるとおぼしき本格派で、かなり凄い)

ただここで若干苦言を呈させてもらうと、巷間伝えられている「伝説」と、その謎解きにあたる「真相」のパーツとを並べて項目を作っていくという構成は、たぶん「と学会」の本あたりに倣っていると思うのだが、そろそろ食傷気味である。限られたスペースで明快な議論を展開していくためには便利な手法なのだろうが、何かQ&A的というか学習参考書的というか、やはり「文章を味わう」みたいな喜びはあんまり得られない。

なんというかなぁ、UFOでも臨死体験でも「まぁ脳内現象と考えて大外れはないよ」みたいな議論は当然有力なのだが、しかし「でもそれだとどっか辻褄があわないところがあるんだよネ」的な過剰な部分があって、そういう二重底が奇現象の魅力だったりする。こういう明快な構成だとどうしてもそのあたりのニュアンスがそぎ落とされてしまうのである。ま、しかしそれは読み手の勝手な言い分であって、そもそも本書はコンセプトが違うような気もする。ホントはそんな文句をいわずに、国書刊行会が再刊を予定しているという『何かが空を飛んでいる』をひたすら待つべきなのであろう。と反省。

ま、ただ、構成の単調さみたいなトコを何とかカバーしようという工夫はもう少しあっても良かった。もちろん担当編集者もその辺はうすうす考えてはいたらしく、今回の本には菊池聡氏の認知的不協和理論をめぐるコラムとか、秋月ペンパル氏のUFOエッセイとか執筆者座談会とかも挟み込んでいて、そういうパーツは実際なかなか良いのである。もう一押し、であった。

なお、ついでだから編集者に対して、もひとつ苦言を呈しておくと、中に『「伯家神道の予言」は本当に存在するのか?』という項目があるんだが、これは長すぎた。要するに神祇伯を代々襲ってきた白川家には天皇が必修すべき祭事が伝えられているんだが、明治天皇以降これをやってこなかったので日本は滅亡するであろう、みたいな話である。しかし、そもそも皇室の祭祀じたい明治時代に適当に作った(古代に倣って復原したという理屈もないではないが)ものが多いというし、「伯家神道の秘儀」みたいな話は初手から眉唾でアル。ところがこの項目、何か途中からあんまり予言と関係のない「そもそも伯家神道とは何か」みたいな話が延々とはじまってしまい、とても違和感がある。本のコンセプトというものはもっと大事にしなければならない。

最後にもうひとつ、巻末の執筆者座談会に編集者らしき人物が出てくるんだが、例のワールド杯サッカーで有名になった予言ダコのことを「パウロ」と言っている。聖書の予言とかでアタマがそっち方面にいってしまったのだろうが、ここはパウルでしょう(笑)。編集者が足を引っ張ってはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ