2015年12月

いぜんこのブログでも「ゴルフ6にNexus7をカーナビとして装着」というエントリーで触れたのだが、グーグルマップをカーナビ用に使うと、「やたら狭い道に案内されてしまう」という問題がこのtogetterで報告されておる。

いかに賢い電脳といえども、やはり人間のジョーシキとのギャップというのはまだまだあるようで。とりあえず要注意だな。

CWkA62yUsAAUSyb


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このブログ、あんまり放置しておくのも何だなあと思っていたところへ英語のSPAMメールが届いたのでご紹介しておこう。

とりあえず、こんなの。

Dear Client,

This e-mail is pursuant to your contract with Foreman&Clark Ltd. for ourservices date November 15, 2015 for the amount of $8,851.
Your failure to pay asper the December 1, 2015 invoice equals to the breach of our contract.

Please, acknowledge the receipt of this e-mail within three business days.Please, make your payment to the corresponding account, stated in the invoiceattached no later than January 2, 2016.
In case you fail to respond to thise-mail we well be compelled to pursue all the necessary legal actions.

Thank you beforehand for your attention to this case.
Looking forward to hearing back from you.

Sincerely,
Lina Williamson
Sales Manager

Foreman&Clark Ltd.
256 Raccoon RunSeattle,
WA 98101

ううむ、何か日本円で100マンエンほどの契約をしたんだからお前カネ払えということを言っているようなんだが、身に覚えがない。酔っ払って意識が朦朧としていた時に何かやらかしたかナーと一瞬思ったが、いや、そんなこともない(だろう、たぶんw)。

見るからに危ないメールなので、「Foreman&Clark Ltd」という会社名でググッてみる。何だかよくわからんが、「マルウェアスパムだよコレは」と言っている(らしい)サイトが見つかった。ZIPファイルが添付されてんだが、これを開けると何かヤバイことになるのであろう。

ついでに、この会社の所在である「256 Raccoon RunSeattle, WA」というのをグーグルマップで調べてみる。みるんだが、アレ、全然ヒットしませんな。残念。

あと、「thise-mail」なんて書いてあったりするんだが、送りつける前にちゃんと見直ししないとダメでしょう。それと「Please,」とかいって、コンマが入ってるトコは、オレが中学校で教わった文法だとこれはヘンなのだが、こんなんでいいのか。

Lina Williamsonさん<WilliamsonLina765@ncsgroup.it>とやらよ、いくらこっちが英語不如意だからって、こんなんじゃ引っかからんから。もうちょっと工夫しましょうね。




























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

不世出の奇人、水木しげるが死んだ。

当然の如く、今朝の天声人語もそのことを取り上げている。水木の創作世界の背景には悲惨な戦争体験があったということを書いており、まぁそんなもんだろうなと思う。悪くはない。

ただ、最後にこんなことを書いている。

享年93。砂かけ婆に手を引かれて、戦友のもとへ向かっているか。

ここに激しい違和感を感じた。というのは、「砂かけ婆」みたいな妖怪は、「戦友」たちがいる冥界(なのかどうかは知らんが)とは全然関係ないところにいるンではないか。端的にいえば、妖怪と霊魂は基本的に「所属先」が違っているのではないか。何で「砂かけ婆」に手を引かれて逝かなければならんのか。

いや、オレは水木をちゃんと読んでいないので、ひょっとしたら水木独特の世界観では妖怪と霊界の間には交渉があるのかもしらんが、一般的にはやっぱりそこはキチンと説明が欲しいところであり、コラムを都合よくまとめるためにこういう何となく丸め込むような締めをもってきてはいかんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ