カテゴリ: クルマ

こないだ買ったクルマにはDIATONEサウンドナビ(NR-MZ300-BIN-3)が搭載されている。で、渋滞など道路情報については通常、例のVICS(道路交通情報通信システム)からデータを取り込んでいるワケだが、このナビはVICSに加えてスマートループも利用できる。

スマートループというのは、簡単にいうとパイオニアの旗振りで始まったプローブ型情報サービスで、走行中のユーザーからのデータを集計することで独自の渋滞情報を提供してくれるシステムである。

ちなみに、スマホなどでカーナビ用に使えるグーグルマップやYahooカーナビといったアプリも、当然ユーザーのデータを吸い上げて渋滞情報を打ち返してくるので、原理的には同じものといってよいのだろう。で、おそらくそのユーザ数というのはこういうアプリの方が圧倒的に多いだろうから、精度的にはカーナビアプリのほうがかなり優秀なのではないかという気もするが、まぁ車載カーナビをメインに使うという前提でいえば、ここでリアルタイム情報の入ってくるルートが一つ加わるというのは悪いことではない。

さて、ここまでの話でおわかりのように、スマートループを使うためにはクルマと外部との双方向的なデータのやりとりが必要になってくる。そこで一番簡単なのは「ナビをWifiでケータイにつなげて、ケータイがテザリングで外部と情報をやりとりする」というやり方であろう。ただ、オレのiPhoneSEはとりわけiOS13導入以降バッテリーが酷く劣化してきており、バッテリーに負担をかけるテザリングなどはやりたくない。

そこで今回「FS030W」というモバイルルータを買うことにした。格安simを一枚つっこんでおけば(幸い今HUAWEIのタブレットに入れてあんまり使ってないiijmioのsimが一枚ある)これでナビとWifi接続でき、つまりはスマートループも使うことができる。実売価格はいま1万3000円ぐらいのようだ。

4179sO2-3UL._AC_


富士ソフト +F FS030W FS030WMB1 [Personal Computers]

ちなみになんでこれを選んだかというと、これは車載のUSB端子につないでおけばエンジンのオン・オフに連動して電源がオン・オフされる仕組みになっているらしい(一般的なモバイルルータはこういう連動はせず、いちいちスイッチを手動でオン・オフしないといけないのだそうだ)。で、この機種はバッテリーを外した状態でもUSB給電にしておけば動作するので、つなぎっぱなしのカーナビ用ルータとしては実に都合のよい機種らしいのだ(ということをググって知った)。

というわけで、週末あたりに届いたら、これをクルマに持ち込んで接続してみるつもり。うまくいけばよいが。


【追記
 
2020/01/11
本日ブツが届いたので早速セッティング。simを入れて起動すると、iijmioのAPNは自動的に設定されたようで、ちゃんと電波を拾うようになった。このあとクルマに持ち込んでナビに認識させる。とりあえずエンジンのオン・オフと同期して動いているようである。もくろみ通り。









mixiチェック

今回インプレッサスポーツ2.0i-L(D型)を購入したのにあわせて、いろいろとクルマグッズを買ってみた。



ブースターケーブル、タイヤの圧力計、窓ガラスクリーナー、洗車用タオル等々のクルマ関係グッズはこれまで紙の手提げ袋に突っ込んでラゲッジスペースに立てておいたのだが、いかにも整理が悪い。なので今回こういうボックスを買ってみた。立方体状の収納スペースが二つ連結されたかたちになるが、折りたたんで一つだけ使うこともできる。けっこうでかくて存在感があるけれどもこれで整理するととりあえずみばえが良くなった。




今回のクルマのキーはいわゆる「スマートキー」である。このキーは微弱な電波を常時発しており、それが一種のアイデンティティ証明になるということなのだろう、クルマがその電波を受信している状況下でドアノブに触れるとそれだけで開錠ができるし、エンジンボタンを押すとエンジンがかかる。

かように大変便利なキーなのだが、近年、その裏をかいて「リレーアタック」という犯罪行為をする輩が出てきたのだという。要するにそのキーの持ち主がクルマから離れているところで、その持ち主の近くに忍び寄って微弱な電波を傍受し、それをクルマの本体の近くにいる仲間に飛ばしてクルマを盗んでしまう、という犯罪である。

なのでクルマから離れた時には、電波を遮断するケースの中にキーを入れておくようにすればこの犯罪は防止できる。オレのインプレッサは別に高級車でもなんでもないのでそんなことまでして盗もうというヤカラはまずいないとは思うが、何となく気持ちが悪いので防犯グッズとしてこのキーケースを買ったという次第。

なお、この商品ではないが、類似製品のレビューをみると「数ヶ月で効果なくなった」という書き込みが散見される。たぶん使ってるうちに電波遮断シートが破れたりするのではないか。今回買ったのがどれぐらいもつのかは、まぁ今のところは皆目わかんない。


オレはクルマを運転する時にメガネをかけなければならない。これまで乗っていたゴルフ6には運転席の上部にメガネ入れというのか、メガネやサングラスを入れることのできるスペースがあったので、運転用のメガネは常時そこに放り込んでおいた。だが、今回のインプレッサにはそういうものはなかった。その辺に転がしておくのもナンであるし、どうしたものかと考えた結果、買ったのがコレ。筒状のケースで、ドリンクホルダーに差し込んでおけばよい。サンバイザーに取り付けるケースというのもあったが、本来の日除け機能を阻害するおそれもあるので、こういうタイプにしてみた。




いちおう洗車用タオルということで新調。フツーの綿のタオルでイイのではないかという気もするのだが、まぁ新車を買って気分が高揚しているところで(果たしてどれほどのものかと思うのではあるが)マイクロファイバーとかなんとかいろいろ能書きをたれているグッズを買ってしまうのであった。



走行中 テレビが見れるテレビキット(TVキット)【TV-010】 ケーズシステム社製 ハーネスキット
走行中 テレビが見れるテレビキット【TV-010】  ケーズシステム

それから、今回のクルマにはディーラーオプションで三菱の「DIATONE サウンドナビ」H0014FL020GG(購入型式 NR-MZ300-BIN-3)をつけた。かなり割高だったが収まりの良さを優先した。

で、カーナビというと、運転中にテレビを映したりナビの検索ができるようにすると便利である(もちろん助手席の同乗者が、である)。ディーラーにそういう細工をしてもらえるかと訊ねたところ、ボタン式で切り替え可能なタイプのパーツだったらつけられるとか言っていたが、2万ナンボもするという(ちなみにそのとき作ってもらった見積書を改めてみてみたら「TVコントロールキットJES」と書いてあったのでたぶんこういうのだと思います)。

じゃあそういうのじゃなくて「ほっといてもいつも映る」みたいな細工はできないのかというと、ヤッパリやってくれないようで、おそらく業界的には「常時見られるようにしておくと脇見運転の原因になるかもしらんのでそういうことはしない」という流れになっているのだろう。

なのでそういう工作はDIYでやることにした。いろいろ検索してみると、インプレッサと純正「DIATONE サウンドナビ」の場合、この「TV-010」なるパーツが使えるという情報を得た。これなら2、3000円で済む。取り付け方法は「みんカラ」あたりで検索すると詳しく出ている(たとえばココとか)。カーナビ周りのパネルをはがすのがなかなか大変だったが、素人でもまぁなんとかなった。で、走行中でもフツーにTVやカーナビの操作ができるようになった。




mixiチェック

買い換えたクルマがやっと納車になった。

2012年に買ってこないだまで乗ってたゴルフ6はなかなか良いクルマであったが、VWのディーラーに車検で出すと何だかしらんがいつも20マンぐらい取られるし、ちょうどこの12月にまた車検の時期が迫ってきた。「外車はちょっとやってられん」的な感じで手放し、7年ぶりにまたスバルに回帰することになったのだった。まぁこの辺は以前にも書いた。


今回買ったのはインプレッサスポーツ2.0i-L(AWD)。今年年次改良でD型となり、新たにツーリングアシストなる新機能が搭載されたということもあった。丁度よかろう。そういう判断で思い切って買った。

名称jpoo未設定
マンション駐車場にて。ボンネットに建物が映り込んでいるが、まあ気にしないでほしい


まだ数十キロしか走ってないのでナンだが、とりあえず乗った感じはよろしい。ダウンサイジングターボのゴルフと比べると、低速域のトルクはやや物足りない感じも否めないが、カッチリした乗り心地はゴルフに勝るとも劣らない(と思う)。

アクセルへの反応は――これはCVTのせいなのか――一瞬間があってからウィーンって回転が上がっていく感じでまだ慣れない。ということで街中をちょこまか慌ただしく走るような状況はあんまり得意じゃないのだろう。だが、ゆったりクルージングするみたいな場面ではなかなか良いんではないか。

ちょっと心配していた「舟漕ぎ現象」も今のところは特に気にならない(というかよくわからない)。この辺はこれからちょっと注意していきたい。


で、ツーリングアシストというのは、特にナニもせずともクルマが車線内を定速走行し、先行車があればそれを追尾・前が停まればこちらも自動で停まる――といった自動運転の前々段階みたいな機能であり、基本的には高速道路で使うことを想定したもののようだ。一般道でもちょっと試してみたが、まぁなんだか面白い。というか、ちゃんと自動ブレーキで停まってくれるのかイマイチ機械を信用できずにハラハラする。実にスリリング(笑)。


とりあえずは良い買い物であると思っている。弱点は「燃費の悪さ」だそうだが、どんな感じになるのか。前車ゴルフ6はリッター12キロちょっとだったがハイオクを入れないといけなかった。今度のインプレッサはレギュラー仕様であり、まぁちょっと劣化しても気分的には許容できる感じである。感想などもおいおい書いていきたい。




mixiチェック

えーと、ネタもないのでまたまた注文済み/納車待ちのインプレッサスポーツの話を書くわけだが、実のところ、オレの中には一抹の不安がある。

2016年にモデルチェンジしたインプレッサにかんしては、ネットで検索すると「舟漕ぎ現象」がしばしば現れるという話を聞く。要するに発進直後にアクセルを踏み込んでいった時、なんかガクガクしてクルマがスムーズに進んでいかない現象が報告されているらしい。

オレが調べた限りでは、ただでさえ燃費がよろしくないインプレッサなのでスバルとしては極力燃料をカットして見かけ上の燃費をよくしようというプログラミングをエンジン周りに施しているらしく、故にパワフルかつスムーズな発進が妨げられているのではないかというギワクがあるらしい(本当は違うのかもしれないが、オレはそういう説明で何となく納得した)。

仮にそれが真実であったのなら、不細工なヒトが厚化粧してかえって不細工ぶりが印象づけられてしまうようなもので、そういう小細工はやめたらいいんではないかと思うのだが、まぁしかし、これだけエコエコ言われる時代となってみればスバルのエライ人もその手の弥縫策を採らざるを得なくなったということなのかもしれない。

であれば、今回オレが頼んだインプレッサにもそういう「欠陥」が温存されておるんではないか。オレが一抹の不安というのはそのあたりのことを言っているのである。

まぁだかしかし、スバルという会社は「年次改良」といって毎年毎年クルマに微修正を加えていくシステムを採用しており、とりわけモデルチェンジから4年目に出す所謂「D型」では大幅な改良を加えることで知られている。

そして今回オレが注文したのもまさにその「D型」であるワケで、であれば、世間でこれだけ「ガクガク」とか「舟漕ぎ」とか嘲笑されている欠点もソコソコ修正してくるのではないか。そのあたりの期待もあり、かつちょうど車検切れを前に乗り換えを急がねばならない事情もあって、オレは「予約」というかたちでこのクルマを選択してしまったのだった。

subaru_impreza-2019-01


実際そこはどうなっておるのか。「D型」の発売は11月15日だというから、その頃になればまた評論家のレビューなども出てくるであろう。もともとそんな「走り」には期待していないので最悪ダメだったらダメでいいワと思いつつも、実はそこんとこ若干気になっている。「刮目して待て」ってヤツ。






mixiチェック

前に書いたインプレッサスポーツ購入の件、9月下旬の契約であったが、ディーラーさんはこないだクルマは11月下旬に届くンではないかと言っていた。DOP換装とかもあろうし、となると、うまくいって12月アタマ納車ではなかろうか。こないだの台風水害の影響でスバルの群馬工場のラインがとまっていたようだが(たぶん今日まで)、その辺の影響ありやなしや。

しかし、旧愛車のゴルフVIは買い取り屋から「車検が近づくにつれてガンガン値が下がるから早く売ったようがいいですよ」とか言われたので早々に売っぱらってしまい、いま手元に自家用車がナイ。これはおそらくオレ史上26年ぶりの事態であって何だか足下がスースーするような感じ。

思わず「タイムズカーシェア」に入会申し込みをしてしまった。


【追記】

なお11月17日になってディーラーから電話があり、「今月末ギリギリに車両登録できるかどうかという状況。12月8日(日)納車を予定しているが、ひょっとしたらさらに遅れるかも」とか言ってきた。うーん、12月1日かなと思っていたが、ちょっと甘かった。

上に書いたように前のクルマは既に売っ払っているので、「え~、足がなくて困ってるんですよー。何とか頑張って早く納車してくださいよ~」と泣きを入れておいたがどうなるか(笑)。9月28日にハンコを押して、既に待ちくたびれているンだが、なかなかうまくいかないものである。

ちなみに、最初スバルのディーラーさんに「中古外車はなかなかウチでは売りさばけないンでヨソで売ったほうがいいですよ」とか言われて下取りを断念した経緯もあったんで、「じゃあクルマ売ったあと納車までクルマ貸してくれませんかねー」とか言ってみたのだが、「いやーそんな余裕なくて」とかいって相手にしてくれなかった。日本もいろんなところで少しずつ余裕を失って貧乏臭くなりつつあるのかナ、などと思ったものである。




mixiチェック

振り返りみれば、前回クルマを換えたのは2012年の年末のことであったが、その時買ったワーゲンのゴルフ6の車検の時期が今年また回ってくるということもあり、急遽クルマを買い換えることにした。

前回ゴルフ6を買った時にも書いたのだが、オレの好みは「小ぶりだけれどそこはかとなく上質感を漂わせるクルマ」というものである。ゴルフ6はそういう意味ではなかなか良かったのであるが、外車特有の要因というヤツで割高なハイオクガソリンを入れないとならんし、やはり外車特有の故障のリスクというのもつきまとう(そして故障した際の修理費はバカ高い)。今回車検を通すと2年後には下取り価格ゼロという事態も想定せねばなるまいし、そろそろ買い換えるタイミングではないかと考えた。

むろん、この7年間で日本のマトモなクルマは横幅がドンドン広がってしまい、横幅1.7mに収まる5ナンバー車にこだわると選択肢は事実上皆無。3ナンバーではあっても、そこはいささかなりともコンパクトであるとか使いやすさというものを意識したクルマを選ぼうということでいろいろと考えた結果、候補に残ったのはスバルの「インプレッサスポーツ」とトヨタの「カローラツーリング」であった。

で、最終的に選んだのはインプレッサスポーツ。カローラのほうも試乗はしてきたのだが、如何せん後部座席がかなり狭い。膝の前は、まぁ拳2個入るかどうかぐらいの余裕はあったけれども、頭の上は拳一個も入らない感じである。後席に乗り込む時もずいぶん屈まねばならない。

運動性能ではカローラ>インプレッサのような気もするが、オレもジジイなのでそんなには飛ばさない。燃費は明らかにカローラが勝っているけれども、サンデードライバーなのでそんなに長距離を走るわけではなくこれはオレ的には致命的ではない。衝突防止だとか前車追尾といったハイテク性能についていえば両者ほぼ互角。しかるに居住性に限っていえばインプレッサが圧勝。インプレッサスポーツはちょうど年次改良でこれからD型に切り替わる端境期なのだが、「どうせジジイがノロノロ転がすクルマなんだから良かろうよ」ということで、D型を予約するかたちでこないだ注文をしてきた。

img_6265069804ba49d1925bc454261fa353171267 (1)
あと細かいことをいうと、今秋からカローラは「ディスプレイオーディオ」と称するシステムをデフォルトの装備にした。これは「カローラ全クラスに液晶ディスプレイを標準で装備するけれども、原則としてそこにはスマホのカーナビアプリを映し出して使ってくださいネ」というシステムである。つまり「これまでフツーのクルマについていたようなカーナビのことはいったん忘れて下さい。代わりにスマホをクルマにつなげるようにするのでそっちの機能を使ってくださいネ」という話である。

もちろん従来型のカーナビ的なパーツもオプションとして付加することは可能で、それを使うこともできる。だがこれはもちろん別料金である。さらにいうと、デフォルトではフルセグのテレビを映す機能もない。テレビをみるのにもオプションの追加が必要である。

もっとも、そのぶんデフォルトのシステムは安く上がっているのだろう。「カーナビはスマホのアプリでOKだし、テレビなんか観ない」という人にとっては合理的とも言える。従来型のカーナビは道路データの更新とかもなかなかできないけれども、こうやってスマホのアプリを使えばデータの更新は時々刻々やってくれる。たしかに長期的にはこういう方向にクルマは変わっていくだろうなーとは思う。

ただしかし、こういうトヨタの「決断」はオレ的にはいささか時期尚早だと思った。

なぜかというと、このシステムを機能させるには常にクルマにスマホを持って乗り込むことが前提となる。「スマホを忘れたらどうするか」という問題がまずある。ついでにいうと、スマホを常時つないで給電している状態を考えると、たぶんこれはスマホの電池に負担がかかる。寿命は明らかに縮むことだろう。であれば、少なくともクルマに通信機能をもたせるためにはケータイ用のSIMをビルトインして使うようなシステムを用意すべきではなかったか(もちろん「自分のスマホに入れた音楽をクルマでも聞きたい」という連中には今のシステムでも問題はないのかもしらんが、そこはいろんな考えの人間がいるだろう)。

もひとつ言うと、現状ではこの「ディスプレイオーディオ」では、走行中にナビやテレビの操作はできない仕組みになっているらしい。もちろん運転者が走行中にテレビとかを見たり操作をしたりするのは道交法違反となるので、「そういうことを幇助するようなかたちになるのはマズい」ということなのだろう、ちょっと前までは走行中に「テレビが映る」よう配線に手を加えて納車してくれていたディーラーとかも最近は「それできません」と言い始めているようである。そういう延長線上でトヨタもこういう仕掛けを考えてきたのであろう。

だが、たとえ走行中でも同乗者であればカーナビを弄るのは何ら問題ない。だからこそカーナビを走行中に操作可能にするDIYは別に違法行為でもなくフツーに行われているのである。というような事もあるので、オレ的には「なんだ自己責任で工作することも妨害するのかよ! とんだパターナリズムじぇねーか。じゃあいいわ、オレはカーナビつけたスバル買って自分でテレビ映るようにカーナビ弄ることにするからYO」という思いも如何ほどかはあった。実際スバルのディーラーもそういう配線加工はやってくれないようなので、納車後に自分でやるしかないと考えている(もちろん町の自動車工場とかに頼む手もあるけどネ)。ま、そういうDIYの道ぐらいは最低限残しておいて頂きたいという話である。

ということで、どうでも良い話を若干アツクなって語ってしまったのであるが、納車は時期的には11月末以降になるようだ。改めて思い出したが、「納車を待つ時間」というのはなんとなくワクワクしていいものである。













mixiチェック

IMG_2684


いま乗っているクルマはゴルフ6である。

その前はレガシィワゴン3代目に乗っていて、買い替えにあたってはスバルも検討した。が、当時のインプレッサはいささか質感的にプアであり、かといって代替わりした当代のレガシィワゴンはでっぷりと肥大化していかにも鈍重であった。やむなくソコソコの質感を感じさせるコンパクトめのクルマとして、「一生に一度は外車に乗ってみるか」的なノリもあってゴルフに走ったという次第である。

とはいうものの、アイサイトをはじめとする独自の技術で売る富士重工にはヤッパどっか惹かれるものがある。いつだったか株を買ってしまい、ひそかに応援をしているところであった。と、そんなところへ株主を対象とした工場見学会のお知らせというのがあり、応募したところ、うまいこと当選した。で、この3月20日に群馬の太田市まで行ってきた。

社内でも滅多に見られないという衝突実験をみせてもらい(発売前のXVを一台オシャカにしていただき、まるで客人を迎えるにあたってヒツジを一頭バラすという遊牧民の如き気前の良さであるワイと思った)、弁当をいただき、製造ラインの見学をして無事終了。とりわけ、華麗な舞を見せるが如き溶接ロボットの動きには、こういう工場に来たことがなかったこともあり、なんか感動を誘うものがあった(なお、見学中は企業秘密の問題もあるようで写真撮影は禁止である。よって、気の利いた写真は撮れなかったという次第)。

最後は役員さんとの質疑応答なんかもあったけれども、「スバルのデザインださいんですけど」「納期おそすぎなんですけど」みたいな容赦の無いツッコミにも冷静に対応する偉い方たちのたたずまいは、なかなかにステキであった。

あと、いろいろ興味深い質問も出ておったが、「ダウンサイジングターボの計画あるみたいだけど?」みたいな問いは「いまちょっとここでは話せません・・・」みたいにかわすし、「トランプ政権になったけど大丈夫?」という声には「場合によっては米国工場での生産を増やす手もあるし、ともかくどんな環境になっても頑張りまス」的なリアクション。流石にソツがありません(笑)。

で、一瞬オレも発言しようかなーと思ったけれども、あまりにくだらない話であり、かつちょっとシャイなのでやめてしまった「お願い」というのがあって、今更こんなブログに書いても何の意味もないことではあるのだけれど、せっかくなのでチラ裏的にココにメモしておくことにした。

というのは、次のクルマを買う時には、新しくなってずいぶん評判の良くなったインプレッサあたりを有力候補にしたいなーと思っているのだが、ここで問題になるのが「試乗」というヤツである。

いちおうディーラーに行くと試乗はさせてくれる。が、結局、そのあたりを10分か20分ぐらい回ってくるのが関の山で、セールスマンも同乗してるとなると、ちょっと乱暴な「試験」みたいなこともやりにくい。好き勝手に半日ぐらいブラブラ走ってきたいものであるが、なかなかそうはいかない。

で、「だったらレンタカーでも借りて、しばらく走り回ってみりゃあいいんじゃねーか」と考える。これなら変な気兼ねもしなくていい。我ながらいいアイデアだと思うのだが、しかし、いろいろ調べてみると、車種指定でクルマを貸してくれるレンタカー屋ってのは、意外にないようなのだった。

ニッポンレンタカーのサイトなんかみると車種指定の予約フォーマットなんかも一部用意されとるんだが、オレの地元の店で予約を入れようとすると「その車種は申し訳ありませんが扱ってません」とかいって拒否されてしまう。なかなかうまくいかないのである。

ならば、こういう客のために、ディーラーさんが一種のレンタカー事業をやってくれればいいと思うのだが、どうか。12時間1万円とか適当な価格をつけてクルマを試乗させるというのはダメか。それだったら仮に気に入らなくても後腐れなしというわけで精神衛生上もよろしい。業界的にはいろいろと問題があるのかもしれんが、検討してくれないかなあ、特にスバル。







 
mixiチェック

いぜんこのブログでも「ゴルフ6にNexus7をカーナビとして装着」というエントリーで触れたのだが、グーグルマップをカーナビ用に使うと、「やたら狭い道に案内されてしまう」という問題がこのtogetterで報告されておる。

いかに賢い電脳といえども、やはり人間のジョーシキとのギャップというのはまだまだあるようで。とりあえず要注意だな。

CWkA62yUsAAUSyb


mixiチェック

愛車ゴルフ6に、タブレットを使ったカーナビシステムを導入してみることにした。

当ブログでも再三触れているように、愛車ゴルフ6にはVWワーゲン仕様の「512SDCW」(ちなみにこれはクラリオンのSDナビ「NX710」同等品)というカーナビを積んでいるのだが、力不足を感じる場面がままある。

カーナビには渋滞情報や交通規制情報を取得するVICSシステムというのがあって、FM波とビーコンを通じてその種の情報を入手しているわけだが、ビーコン機能を付加するには別途カネがかかるということもあって、いま使ってるカーナビはもっぱらFM波からVICS情報を得ている。素人なのでよくわからんが、ビーコンの情報が入ってこないとイロイロ限界があるということなのか、この機種は「渋滞してるからコッチのルートに回れ」みたいなクレバーなことは言わない(たぶん)。経験則でいうと、いったんルート検索したらあとは一本道、である。

(追記)その後しらべたら、FM波によるVICS情報を用いた渋滞回避のリルートは「してはいけない」という、何やら大人の事情?的なギョーカイのキマリがあるようで、なるほどリルートをしてくれないのは当たり前だったのだ。もっとも、今年5月からは同じくFM波に乗せて渋滞回避に使える情報を送ってくる「VICS WIDE」という新システムが始まったという話で、対応したカーナビであれば渋滞回避のリルートをしてくれるようになったそうだ。長期的にはビーコンは要らなくなる、っつーことやね。ま、結論的なことをいえば、今つかってるカーナビは金輪際、そういう賢い検索はしてくれないワケだ。


ところが、その一方で、最近では無料で使えるスマホやタブレット用のカーナビ・アプリが出てきている。「Yahoo!カーナビ」と、カーナビに特化しているわけではないが同様な機能をもつ「Google Maps」がその双璧のようで、たとえば「Yahoo!カーナビ」はsimを入れたり、あるいはスマホのテザリング機能を使って通信可能な状態にすれば、随時この種のVICS情報をゲットしてくれるようだし、「Google Maps」のほうは一般ユーザーの位置情報を解析するというビッグデータ処理で道路情報を教えてくれるらしい。いずれにせよかなり的確な判断をしてくれるという触れ込みである。

(もっとも、少し調べたところでは、「Google Maps」はそうした実走データを基にしているので、「抜け道」を走ることで時間をかせぐドライバーのルートを「学習」してしまい、おそろしく細い山道に案内されて閉口した、という話もあるらしい。そこんとこは運転にイマイチ自信のないオレ的には要注意かもしれない)

閑話休題。こうしたアプリにはさらなるメリットもあって、つまり無料で日々(?)地図を更新してくれるのだという。車載カーナビの場合、地図データを更新するたびにカネを取られる仕組みになっていて、実際、オレもこの5月には1万6000円だかを投じて地図をアップデートしたばかりであった(泣)。もちろん「無料アプリ」というのは、「何日・何時何分にどこをどう走行しているか」というコチラの情報を与えることとバーターで成り立っているのであって、つまり個人情報を「売っている」のに等しいのだろうが、まぁそこに目をつぶってしまえばなかなかのスグレモノであることに間違いはない。

さて、ここまでベンキョウしたところでふと気づいたのだが、いま持ってるタブレットNexus7にはIIJの複数枚契約でゲットしたデータ通信用のsimを入れている。つまりアプリを入れれば、即、カーナビとして使うことができる。ならば、試してみるに如くは無し。

さっそく、タブレットを車内のしかるべき場所に固定する車載用ホルダーを買った。「Eco Ride World」というところで出している「is_017」というホルダーで、エアコンの吹き出し口にあるフィンに先がフック状になったパーツをひっかけ、かつフロントパネル部に2本の脚部を接地させることにより、都合3点でホルダーを固定する仕掛けである。で、タブレットを挟み込んで固定するパーツをこのホルダーにとりつける(ホルダーには吸盤式でダッシュボードにとりつけるタイプのもあるのだが、「すぐはがれてしまう」みたいな話も聞いたのでコッチにしてみた)。

_SY355_
「is_017」を正面から見たところ


ちなみにこの「is_017」、上の商品写真を見てもらうとよいのだが、前面上下にある挟み込みパーツは上の方が固定されておって、下側の横幅の広い方を下にスライドさせていって縦の長さを調整するというのがデフォルトであるようだ。つまり、大きめのタブレットの場合、この下側のパーツがどんどん下にせり出していく。そうすると、オレのゴルフ6の場合、エアコン吹き出し口の直下にある車載カーナビのディスプレイの真ん前がふさがってしまう。

そこで、下の写真のようにこの挟み込みパーツの向きを上下逆転させ、タブレットが上方にせり出すかたちでセッティングしてみた。重心がだいぶん高くなってしまうので、安定性からいうといささか難があり、悪路を走るとガタガタする恐れがあるけれども、とりあえずは何とかサマになっているようだ。

IMG_1784

IMG_1787
「is_017」の挟み込みパーツを上下反転させるとこんな感じになる

IMG_1791
Nexus7を取りつけて正面から見たところ。これだと車載カーナビの画面が視認可能


実際の使い勝手はまだ未知数であるが、とりあえずの装着は成功した。当面「Yahoo!カーナビ」を使って様子を見てみたい。
index
なお、電源は12Vのシガーソケットから取れるように、AukeyというメーカーのUSB充電器を併せて購入してみた。ケーブル1本付きであった(Quick Charge 2.0 Power-All USB急速充電カーチャージャー CC-T6)。










mixiチェック


pp

2012年の暮れに買ったゴルフ6であるが、サンデードライバーだけに走行距離は全く伸びず、今になっても僅か1万2000キロを走破したに過ぎぬ。地球の直径よりやや短いぐらいである。

そういう車にお金を投ずるのは如何なものかという思いもあるけれども、何となくカーナビの地図更新に踏み切ってしまつた。

ゴルフ6に積んでいるカーナビはVWワーゲン仕様の512SDCWという機種であるが、実際はクラリオンのSDナビ、NX710の同等品である。よってこのNX710用のデータを載せればヨロシイのである。

具体的にいうとクラリオンの「 ROAD EXPLORER SD5.0. QSV-700-540」というのがそれで、1万6000円強で購入。無事バージョンアップを済ませた。ま、「この辺の機種であればスマホに入れたヤフーカーナビのほうがよほど高性能ではないか」とか「しょせん東京ゲートブリッジやスカイツリーや新東名が地図に入ってきたぐらいではないか」というツッコミもアリかとはおもうが、とりあえずの自己満足。



mixiチェック

↑このページのトップヘ