カテゴリ: 身辺雑記

中野重治に「わたしは嘆かずにはいられない」という詩があって、もちろんそれは戦前の時代における左翼の立場からの体制批判であるわけだが、なんだかエライ人にみんながひれ伏しているような昨今の状況――それはまさに国家の最上層部からオレの仕事場の周囲5メートル圏にいたるまで場所を選ばないワケであるが――をみていると、これは別に昔の話じゃあないだろうが、という気もする。

これについてはなんか前も書いたような気がしないでもないが、以下、さわりの部分を貼っておく。自分の主張を支える文脈で「引用」するのであれば著作権法上も問題はないと聞くので(嗤)。

わたしは嘆きたくはない わたしは告発のために生まれたのでもない
しかし行く手がすべて嘆きの種であるかぎり
わたしは嘆かずにはいられない 告発せずにもいられない
よしやヒネクレモノとなるまでも
しかしわたしはいう わたしは決してヒネクレではないと


mixiチェック

オレは白光真宏会ではないが、この主張には同意する。
名称未設定

mixiチェック

何だか最近フレディー・マーキュリーの伝記映画みたいなのが公開されたらしく、ずいぶん評判も良いので観に行かねばならないのだが、そんなこともあってクイーンのベスト盤を再生などしながらネットサーフィンをしていたところ、たぶん自分の中の「昭和回顧脳」みたいなものが刺激されたらしく、そういえば子供の頃にヘンなLPレコードをもってたことを思い出した。

「燃える男のバラード 長嶋茂雄その栄光のドキュメント」
  というのである。

42176

ちょっとググってみたところ、1971年の制作のようで、しかし別に長嶋茂雄が歌をうたっているわけではなく、名試合の実況だとか長嶋のモノローグとか仲代達矢のナレーションとかで彼の野球人生を振り返るという、ま、一種のラジオドキュメンタリー的なシロモノなのであった。

長嶋の引退が1974年であるから制作はそのちょっと前で、おそらく野球選手人生も終盤に入った長嶋をたたえようという狙いで作られたものと推察されるわけだが、しかしよくよく考えるとオレは当時から阪神ファンであって、なぜ宿敵巨人の長嶋を讃えるLPを買ったのか不思議でならないのだった。

ただまあ、オレも子供心に敵として迎えたときの長嶋の怖さというものは知っていて、なんとなくそのヘンにリスペクトがあったから魔が差してこんなものを買ってしまったのかもしれない。

彼の怖さということでいえば、その頃、オレはよくラジオで阪神戦を聴いていたのだが、当時阪神にはアンダースローのエース格で上田二郎という人がいて(なんか定期的に名前の漢字を変えることで有名な人で、いまはたぶん「次朗」だと思う)その日の彼は、なんと宿敵巨人相手を9回までノーヒットで抑えていたのだった。

で、ついに9回2死。そこで打席に迎えたのが長嶋。敵の大将格でもあり、こりゃ何がなんでも抑えて屈辱を味あわせてやるゼとオレは願ったのだったが、なんとここで長嶋がセコく内野の間を抜くヒットを放つ……ま、実際に敵ながらアッパレ、ではあったのだ。

ちなみにその試合があったのは1973年7月1日。もう45年も前のことである。レコードのほうはまだ実家のどこかに眠ってるのか、あるいは捨てられてしまったか。その辺は定かではない。








mixiチェック

平昌パラリンピックで成田緑夢が金メダルを取ったそうだ。たいへん結構なことであるが、今回はそのことではなく、彼の名前、つまり「緑夢と書いてグリムと呼ばせる」問題についてひと言いっておきたい。

言うまでもなく、「緑→英訳してグリーン→ちょっと端折ってグリ

そういう思考経路をたどって、こういう名前になったのだろう。キラキラネームに典型的なパターンである。

で、これはよく知られていることだが、戸籍法では名前に使える文字については規制をしているけれども、「読み方」については何の規定もない。当然、戸籍には「よみがな」が記載されない。つまり「これはこう読みます」と当人が強硬に主張すれば何人も否定できないのである。

ちなみにパスポートだと名前をローマ字書きする欄があるので、強引につけたよみがなを「Gurimu」とかいって書き込んじまえば、「これでお上もこの読み方を公認してくれたゼ!」と豪語することが可能である。

(あ、ここまで書いてきて恐ろしいことに気付いたが、ひょっとしたらパスポート申請の時にアルファベット表記「Grimm」として出したら、そのまま通ったりするのか? となると、たとえば「一石」みたいな名前つけて「私は Einstein です」なんてのもアリか?)

閑話休題。つまり原理的には、辞書とかでまったくオーソライズされない「オレ流の読み方」を勝手に作り出して、それで押し通すことが可能である。つまり、いわゆる「キラキラネーム」は法的には何の問題もなく、どんどんやっていいのである。「ちゃんと読んでもらえない」とか「ヤンキーの子供だと思われる」といったあたりが気にさえならなければ。

まあしかし、これはよく考えるとアナーキーな事態である。

「古き良き日本を守れ」などといっている右翼の皆さんは、こういうのをなんとかしようとは思わないのか。「他の誰も読めない名前をつける」とゆーのは、つまり周りの人々とのコミュニケーションをあらかじめ拒絶してかかる行為といえなくもない。右翼の皆さんのお好きな「日本国民の紐帯」「共同体のつながり」といった視点からすると、非国民の極みではないのか。戸籍法を改正して「読み方」を届けさせ、あんまりヘンなものは受け付けないとか何とかすればいいのではないか。

いやもちろん、名字については「小鳥遊」(たかなし)というキラキラ類似事例があったりする(小鳥が遊ぶ→天敵がいない→鷹がいない→たかなしパターン)。なので、「名前だってキラキラでいいじゃねーか」という有力な反論もあるとは思うけれども、まぁそこは「もう既得権益になっちまった部分はスルー。ただし今後はダメ」ということでどうでしょう。

もっとも、オレももともとアナーキーなものは嫌いじゃないので、いっそのこと、キラキラ方面を加速させ、「知らない同士で初めて会ったら名前の読み方を当てっこする風習」でも広めたら面白いかもしれない。いわば国民総大喜利状態。ずいぶんこの国も楽しくなるのではないか。

仮に「緑夢」だったら
「あ、わかった。グリムでしょ?」
「残念!緑はドイツ語読みでいきます。だからグリュムです」とか。
いや、それじゃ全然落ちてねえだろ、という(笑)



mixiチェック

こないだイボ痔の手術を受けてきて闘病日記のページを立ち上げたのであるが、実はその後、回復が思わしくない。

とゆーか、手術から2ヶ月の時点で、いつのまにか切れ痔になっていて、しかもかなり悪化しているという謎の宣告を主治医から下されてしまった。

いまだかつてそんな症例があったとは一度も聞いたことがない(まあ素人なんで聞いたことがないのは当然だが)。

なんか鬱々とした日々を送っているわけだが、そのへんのイライラを発散する意味もこめ、前回もリンクを張ったけれども引き続き「内痔核を斬るッ!――または内痔核(いわゆるイボ痔)の闘病日記」という日記を書いておる。大団円に至ればいいのだが、今ンとこお先真っ暗である。

いちおうずっと書いていく予定なのでヨロピク。


mixiチェック

どうでもいいことであるが、先般、痔の手術をして入院してきた。この種の「痔の闘病ブログ」みたいなのはググってみると山ほどもあり、「屋上屋を架す」感もあるけれども、これまで入院なんてものはしたことがなかったこともあり、個人的にはけっこう新鮮な体験だったのでウェブページを作ってみた。

イボ痔でお悩みのご同輩の参考になればいいなあ、ということでリンクを貼っておこう。
mixiチェック

そもそも詩とか歌といったものには全然理解のない無粋なオレであるワケだが、強いていうと「見放された人々」系の作品は何故か好きである。石川啄木とか山之口貘といったあたりだね。

啄木といえばこのへんか。
AS20170907001461_commL
一度でも我に頭を下げさせし
   人みな死ねと いのりてしこと






山之口貘でいえば、ま、これかなぁ
この兄さんは
成功しようかどうしようか結婚でもしたいと思うのですcontent_1297152868
そんなことは書けないのです
東京にいて兄さんは犬のようにものほしげな顔しています
そんなことも書かないのです
兄さんは、住所不定なのです
とはますます書けないのです
(「妹へおくる手紙」より=部分=)


で、数日前の日経新聞の文化欄で、虫武一俊という歌人の存在を知ったのだが、これがまさにそっち方面の人であった。記事にはこういう歌が載っていた。

images
三十歳職歴なしと告げたとき 面接官のはるかな吐息
(『羽虫群』より)





ええなあ。いたたまれなさ、切なさが胸に突き刺さってくるぞ。才能がキラッキラ輝いておるぞ。36歳のひと。

で、ついでというとナンだが、関連でいろいろググっておったら、この歌集、オレは平成の戯作者と勝手に命名しているのだが、詩の方面にも造詣のふかい一流ブロガー・馬場秀和さんがブログでいちはやく紹介されておった。さすがである。




mixiチェック

随分放置していた人外魔境ブログであるが、たまたまヘンなスパムメールが来たので、貼り付けてみよう。

タイトルは「三菱東京UFJ銀行から重要なお知らせ」。
一瞬マジもんかと思ったのだが、数行読んだ時点で「なんじゃこりゃ」、である。

日本文化は奥が深い。

こういう文体はフツーのビジネスでは金輪際用いられることがない。シャレでやってるのでなければ、もう少し勉強せられたい(怪しげなリンクは全部伏せ字にしました)


突然の見出しで、驚かせてしまいましたら、
大変申し訳御座いません。


しかし今回、あなたにどうしても、読んで頂きたいことがあります。

→ http://●●●

インターネットで、
稼げないインチキのようなビジネスによる被害が大量に発生しているそうです。


実際にあなたにもそんな胡散臭いメールが届いた事があるかと思います。


経済大国日本と言われていますが、
日本ではこうしたネット被害が多発しているのも事実です。

あなたはインターネット上で
儲かる儲かると謳われているビジネスに手を出したことはありますか?

もし手を出してしまったことがあるなら、
結局1円も稼げなかったのではないでしょうか?


インターネット上では、
様々なビジネスが公開されていますが、
ほとんどが稼げないビジネスではないでしょうか?


でも、ごく稀に…稼げる手法があります。


この手法完全受け取り型の稼ぎ方のように。

→ http://●●●


今回ご案内する、完全受け取り型収入は見て頂ければ
一目瞭然。

誰がやっても本当に稼げます。

証拠、根拠が目で見えるしビデオにて生で配信されているので嘘のつきようがありません。


反対に、稼げないビジネスは、誰がやっても稼げません。

証拠も根拠もありません。



当たり前と言えば当たり前ですよね。


稼ぎたいのなら、誰がやっても稼げてしまう手法をやるしかないのです。


稼げてしまう手法を見極めるために証拠、根拠をしっかりと目で確かめる事です。


100万円を振り込み続ける現場、確定申告、報酬発生の瞬間etc
動かない証拠

→ http://●●●



この手法は本当に誰がやっても稼げます。


誰でもできる、というより受け取るだけだから誰でも確実に平等に実践出来る。

だから誰でも同じように稼げる。

しかも、お金もかからない。

作業時間はなし必要なものはスマホかパソコン。


これなら、忙しいサラリーマンも、
子育て中の主婦でも、誰でも稼げるのは納得です。

この動画に出ている確定申告の持ち主は
1回1分の軽作業、スマホにタッチするだけで、

事業利益で27億円の金額を稼ぎ続け、個人の3億円の金額を稼いでいます。

→ http://●●●



こんな話を聞くと、真面目に働いているのが、
バカらしく感じてしまいますよね。


難しい作業もなく、お金も必要なくとも、

スマホかパソコンがあって、1回1分の作業時間で稼げるなんて…

まさに夢のようなお金稼ぎです。

→ http://●●●



今まで色々なビジネス見てきましたが、ここまで全てを公開してる証拠ビデオは他にはありません。

他のビジネスはなんというか…

中途半端な説明というか…
稼いでいる根拠が貧しいように思えます。

しかし、今回ご紹介する手法は、全てを包み隠さず公開しています。

理由は簡単です。

本人が本当に稼いでいるからです。

そして既に7300人を稼がせているから
そして、まだ稼げていない金額を生み出すのではなく
既に発生している利益を受け渡すだけだから、

既に実践して稼がせているという事実があるから全て自信を持って公開してます。


本当に稼いでいる人こそ、稼げずに苦しんでいる人の気持ち、
理解して全て真実を公開してくれます。

→ http://●●●



今まで何をやっても、全く稼げなかった人、沢山いると思います。

しかし、夢を持つことは大事です。

夢は絶対に叶います。諦めなければ絶対に叶います!


それが人生です。


辛い時もあれば、楽しい時もあります。

稼げない時もあれば、稼げる時もあるのです。


それが人生です。


あなたも

1回1分という短時間で、しかもスマホをタッチするだけの、

本当に簡単な作業で、毎月100万円、1000万円という金額を、
受け取ることは可能です。

この情報いつまで公開されるかは不明です。

早めにメールアドレスを登録することをお勧めします。



メールアドレスの登録であなたの人生が劇的に変わるのですから。

→ http://●●●






当マガジンは、各種情報メルマガスタンドでの無料メルマガ登録、
クリックキャンペーンなどによる登録、懸賞サイトへのご応募、
各プロモーションやダウンロードされた方など、
ご登録いただいた方へお送りしております。

心当たりの無い方は下記にて配信解除をお願います。
●●●@yahoo.co.jp

mixiチェック

この前、福島市の「UFOふるさと館」に行った帰り、福島第一原発のすぐ西側をタテに通過する国道6号線をクルマで走ってみた。

ご承知のように、この一帯は帰宅困難区域となっているが、車外に出ないという条件付きで(バイクを除けば)一般車両も通行が可能である。東日本大震災と原発事故があった時は関東の「安全地帯」にいて(むろん原発の動向次第では関東も住めなくなっていたという話はある)何もできなかったオレだが、ずっとどこかで、やっぱりこの原発周辺のことは気になっていた。

どんな風になっているのか、野次馬っぽくて大変申し訳ないけれども、この機会に、通りすがりでもいいから行ってみようと思ったのだった。

北側から入ると、帰宅困難区域となる双葉町の入り口のところに、警備員みたいな人が立っていた。そこから先はもう全く人の気配とかないし、ロードサイドの店舗の入り口部分なんかも入れないように道路側に柵が設置してある。ゴーストタウン、といってしまうとナンだが、ああ、こんなことになっちまったんだなぁと寂しいきもちになる。

とりわけ大熊町と富岡町の境の辺だったのだが、けっこう家が道路沿いに立ち並んでる住宅街があって、でもやはり道路側には柵があって、もうそこには誰も住んでいないのだった。見たところはどうということもなさそうなのに。商店やガソリンスタンドも並んでて、ここにも暮らしがあったのに。グーグルマップとかでも、たしかにそういう風景は見られるんだが、やっぱりこれは現実なのだった。なんかため息が出た。

WS000193


富岡町に入り、磐越道に抜けられるところで右折して国道を離れたンだが、実はあとで聞くと、この曲がり角からそう遠くない富岡の夜ノ森というところに桜の名所があって、この日、地元の人たちが戻ってきて(特別に入るのが許されて)観桜会みたいのが行われていたんだそうだ・・・


なお、このドライブにはDoseRAE2という放射線測定器を持っていった。ダッシュボードの上にこの測定器を置き、フロントガラスの風景と一緒にビデオで撮影する、という試みをしてみたのである。主なポイントのデータはグーグルマップに落としてみたので、ここにリンクを貼っておこう。

ただし、この測定器は、正確なデータを取るには定期的に必要だという「校正」というのをずっとやっていないし、そもそも一定時間、同じ場所において動作が安定しないとちゃんとした数値は出ないという話である。あと、ここにはマイクロシーベルトという単位が出てくるが、この測定器はいわゆる空間線量を測る機械ではないらしいので、そこんとこも注意が必要である。あくまで参考値としてみてほしい。



mixiチェック

福島市飯野町にある「UFOふれあい館」に行ってきた。


IMG_1110


ウィキペディアなどを見ると開館は1992年11月。福島市と合併する前の飯野町が、いわゆる「町おこし」で作った施設のようだ。飯野町は福島市中心部から南東の山間部にあって、施設自体は「千貫森」と称される小高い山の中腹に建つ。当地では古来しばしば怪光が目撃されていたということから、こういう施設を作ったらしい(もっとも裏付けとなる史料がホントにあるのかどうかは知らん)。

ついでにいうと、千貫森にはその形状から「元来ピラミッドであった」という説もあるらしく(酒井勝軍あたりが淵源であろうと思われるが、面倒なので確認はしておらん。興味のある方は各自調べたし)、あと館内の3Dバーチャルシアター(後述)をぼんやり見ていたところ、一帯には由来の定かならぬ巨石が多くあり、それらがいわゆる「レイ・ライン」的に線上に配置されているという話も出てきた。つまり、雑誌「ムー」的な「謎とロマン」の括りでいえばネタもそこそこあるんで、なんとなく「よし、飯野はこれからUFO推しでいきましょう!」という事になったのではないか。

それはともかく、東京から高速を飛ばして3時間半。ようやく到着したのであるが、この千貫森の頂上には展望デッキ的なものが建っておるというので、まずはふれあい館のあたりから「UFO道」を経て上まで登ってみた。十数分かかるが、小生も初老ゆえ、けっこう疲れる。道中には怪しげな宇宙人の石像が多数立っておった。これもちゃんと確認したことではないが、帰路、車で近隣にある飯舘村の辺を通ったところ石材屋がけっこう目立っていたので、UFO作戦は地場産業とのタッグマッチ的な意図もあったのではなかろうかと勝手に想像する。原発事故後はたぶん石材屋さんも商売あがったりになっていることと思うが、何とか再起して頂きたいものである。

IMG_1114


展望デッキには、特に何があるわけでもない。この日は曇っていたので、眺望もいまひとつ。錆びついた観光地用の望遠鏡2機がなんだか侘びしかった(覗いたら壊れてはいなかった)。
IMG_1139


ただ、ちと気になったのが、展望デッキの脇にあったコンクリート製のお社である。中をあんまり覗き込んだりするのもはばかられるので何だか正体はよくわからんかったが、御札みたいなものが収められておるようだった。

IMG_1161


また、このお社のワキには椅子代わりのつもりなのか、金属の球体が置いてあった。ちょっとシュールな光景であるが、オレはこういうのは好きである(なおブログ主の特定を防ぐためwに球体の映り込み部分を若干修正しておる)。

IMG_1147

山腹のちょっとワキに行ったところには別に「清水の舞台」的な展望台もあった。

IMG_1128

下山後、ふれあい館の近くにあった小手神社というお宮の前を通ったら、神社の由来等々を記した立て看板があって、字はだいぶかすれていたけれども「千貫森の頂上には麓山神社が祀られている」的なことが書いてあった。

IMG_1176


1979年の日付の入った看板だったから「UFOで町おこし」作戦が始動する前の記述ということになろう。想像するに、UFOで町おこしということで「展望デッキを作ろうや」ということになり、「ま、地域振興のためなんで、この際、お社もちょっとワキに移っていただきましょうか。もちろん新しい祠を別に作ることにして」ということでこの小さなコンクリートの祠が誕生したのではないか。ホントのところはよくわからんが、その辺の地域住民のやりとりなんかについていろいろと想像をたくましくしてしまうのも、こういう施設の魅力の一つといえよう。

 *なお、千貫森というのは天文年間の領主の知行が「千貫」だったことにちなんでいるのだそうだ


UFOふれあい館は大人入館料400円ナリ。入り口左手には取材で来たらしき芸能人の色紙と雑誌「ムー」のバックナンバー。正面を向くと今はなきUFO研究家・荒井欣一氏からの寄贈になるという書籍類が壁一面に収容されている。大陸書房コーナー、矢追純一コーナーなど何でもアリ。全然知らんような本も多数。GPAニュースレターを十数冊たばねたようなファイルまであった。荒井氏の没後、その資料3000点の寄贈を受けたという話なので、こういう図書の点数も都合数千ということになるのであろう。

IMG_1184


本当はいろいろと手にとってパラパラしてみたいところである。確かに「読書希望の方は職員まで」みたいな貼り紙もしてあった。ただ、別に独立した図書室があるわけではない。いわば廊下的なところにあるロッカーの棚に並べてあるようなものなので、棚の上の方とかは手も全然届かん。うーん、ちょっとこれじゃじっくり読む気にもならんなぁ、この蔵書の無造作な展示の仕方は如何なものかと思う。

IMG_1204


ただ、そんな棚の中に、UFOによる町おこしを描いた篠田節子の小説『ロズウェルなんか知らないがさりげなく並んでいるのをみて、微苦笑しつつハッと思う。

そうなんだよ、何やかやいっても根っこは「町おこし」なのであって、マニアっぽいな人が来て、ここで何時間も本を読んでいきたいなどと言い出すことは役場の人たちもあんまり想定してないんだよ多分。個人的にはこの蔵書が「死んでる」感じがするにしても、あんまりその辺で責めるのも酷かもしらんなあ、と反省(あと、山本弘氏の『UFOはもう来ない』なんかもあって、いろんなのを極力集めようとしてんだろうなあとちょっと感心する)。

閑話休題。左手に曲がって館内ルートの最初に出てくるのは「ミステリーゾーン」。青っぽいライトと電飾で暗い通路を彩り、異世界へのかけはしにしようという意図だろう。何か安キャバレー的なチープさが見え隠れするのもこの際ヨシとしたい。

IMG_1217


ここを抜けると広々とした展示ゾーンになる。UFO模型、解説パネル、写真パネルなどがある。パネルには例のマジェスティック12だとかガルフ・ブリーズ事件など、今日ではもはやHOAXと言わざるを得ない件を取り上げており、うーむ、どうしたものかなあと思うが、ま、よくよく考えると、そもそも展示全体がオレ視点からいうと疑問のある「UFO=宇宙船」という大前提で組み立てられておるし、いまさら好事家がツッコミを入れるとかそういう対象として考えるのは根本的に違うのではないか、と思い直す。

「20世紀末にみんなが観念したUFOというのはこういうものだったのですよ」という、そういう歴史観の動態保存(?)をしておる施設ということであれば大変結構ではないのかしらん、みたいな。

WS000187

IMG_1250

ちなみに、荒井氏の収蔵資料なのであろう、米国の資料とか、あの有名な北海道の藤原青年の描いた宇宙人のイラストのコピーと思しきものなどもあった。

IMG_1229

IMG_1225



このほか、展示ゾーンにはビデオの再生コーナーがあって、何やらUFO番組みたいなのを流しっぱなしにしていた。あと、忘れてはならないのが「宇宙人エリア」で、いずれもこの世界では「スタァ」的なアイコンとなっておるフラットウッズ・モンスターと、ホプキンスビル事件、ヨハニス事件のエイリアンが立っておる。何故かヨハニス事件のエイリアンだけ3体いた。何故か。

IMG_1245

IMG_1243

IMG_1241


最後に、先に触れた「3Dバーチャルシアター」が幕で囲った中にあって、ここで立体メガネをつけてビデオを鑑賞。千貫森がUFOの聖地であるという理由をもっともらしく説明してくれる。長さは8分ぐらいだったかな。

で、一階は以上で一巡するかたちとなるのだが、ご希望の方は二階に上ると風呂と休憩室があり、休むことができる。せっかくなので風呂に入ってきたが、千貫森に登って汗をかいていたこともあり、熱い湯が気持ちよかった。なお、言い忘れたけれども、この日は他の入館者とはまったく遭遇せず、大広間の休憩室でしばしゴロゴロして休んだ。写真は撮り忘れたけれども、畳のヘリには円盤の図柄が入っており、こういう日本人ならではの細かい気配りは大好きである。

IMG_1255

IMG_1258


というわけで、何だか田舎の公民館をホーフツとさせるようなシチュエーションにありながら、そこで強引にUFOをネタにするというこの施設、上にも書いたように、かつて我々がどっぷり浸かっていた「UFOの世界」ってこういうものだったよネということをビジュアライズしてくれているという点で実に得難いものがある。なんだかとても貴重である、ここは。オレとしては末永くこの施設が続いていくことを願わざるを得ない。みなさん、機会があれば是非行ってみてください。

【追記】
UFOふれあい館と道路一本隔てた向かいに「UFO物産館」というのがあって、ここでラーメンを食べたが、けっこう旨い。隠れたラーメンの名店として知られているらしい。小さな土産物コーナーも併設されており、ここでTシャツを買った。「NO UFO, NO LIFE」。たいへん結構である。

IMG_1265
 *ただし、ラーメンにはチトうるさいオレからいわせると、このチャーシューは、なんというかなぁ、「立ち食いそば屋で出すラーメンに載ってるチャーシュー」的なパサパサッとした食感であった。そういう日もあるのだろうか?


C84tfGPUIAApAp0






 
mixiチェック

↑このページのトップヘ