カテゴリ: Passport to Magonia

ジャック・ヴァレ「マゴニアへのパスポート」はとても良い本で、とりわけ巻末付録の「UFO着陸の1世紀」は、19世紀半ばから1968年にいたる世界各地のUFO接近遭遇事例を簡単にまとめている点で、長いことその分野の先駆的試みとされてきた。

が、しかし、その事例集の中にはどうやらガセがかなり混入しているようで、とりわけ日本関係の事例はかなり怪しい。事例390、事例459、事例589が日本絡みの事例なのだが、これらはみな実に曖昧で、何を言ってるかよくわからない。

そんな中で、事例458は比較的具体的な記述のある唯一の事例である。こんな感じだ。

458. 1958年1月26日 16:00 島田市(日本)
非常に明るく輝く物体が、化学工場の多数の従業員の前で着陸した。彼らによれば、さらに複数の生命体がパラシュートもなしに空から降下してきた。彼らは奇妙な服を着ており、未知の言語でしゃべっていた。(「フライング・ソーサー・レビュー」1958年3号より)

ふむ、この事件に限っては、何らかの出来事が実際にあったんではないか。そう思っていた。

ではこの事件の一次資料はいったい何なんだろうかとツイッターでつぶやいたところ、事例458の直接の出典である英国の「フライング・ソーサー・レビュー」に民間研究家のmagonia00氏があたってくれて、オリジナルのソースは静岡新聞であると教えてくれた。そのあたりのことはこのtogetterに書いてある。

有り難や、である。で、図書館で調べてきました。以下に見つけてきたそれらしき記事を貼ります。

その1。静岡新聞1958年2月1日朝刊3面
shizuoka01.jpg

その2。静岡新聞1958年2月3日夕刊3面
shizuoka02.jpg

こうやって種明かしされてみると、なんともあっけないものだ。しかし、いろいろと思うことがあるな。

英国で出ている「フライング・ソーサー・レビュー(略称FSR)」という雑誌は、今はどうなのかよく知らんですが、かつては相当に権威のある研究誌、というステータスを誇っていた(ような記憶がある)。いわば「世界に冠たるFSR」というイメージである。で、こういう雑誌に書いてあった、というとかなり信憑性が高いような気になってしまうのですが、今回の日本の事件についていうと、ちょっと危ういところもあったんだなーということがわかる。

この事件、おそらくは日本のUFOファンが「こんな記事でてましたゼ」とかいって、FSR本部に御注進に及んだのであろう。ところが、2日後に出た「違いました」という記事のことは、ちゃんと連絡しなかった。で、本誌にガセがしっかり出ちまった、という話だろう。FSRにしても、はるか極東の話だし、いちいち裏を取らなかったんですね。現場でちゃんと取材するという鉄則を守っていない情報はかなり危ないのであって、たとえFSRでも軽々に信用してはいけないことがわかります。

・・・とゆーことでまとめてしまってもいいんだが、いやしばし待たれよ、ここにはもう一つ大きな問題があるんではないか。

続報の記事が無視されてる点も不可解なんだが、そもそも「初報」の囲み記事自体、「コレかなり眉唾だから」というニュアンスで書かれている(ようにしか読めない)。ふつうの言語能力をもってる人間なら、こういうのを軽々にFSRに通報したりしないと思うのである。あと、搭乗員が「未知の言語でしゃべっていた」という話にいつのまにかなってんだが、これなんかもどこかで誰かが話を改竄しているわけである。現場も、隣接してるとはいえ島田市に変わっちゃってるし。

以上の状況証拠を踏まえて考えてみますと、もちろん推測の域を出ないのではあるが、おそらくは日本側の「通報者」が、確信犯的に「ちょっと筋の悪い話なんだけど、ちょっと話を面白く改竄して送ったら、天下のFSRに載っけてくれんでねーか」と考えたんではないだろーか。

まったくの想像ではあるが、仮にそんな推測が当たっているとしたら、UFO研究後進国の人間が、先進国たる欧米の人間に揉み手をしながら近づいていくという植民地根性をここから読み取ることもできるわけで、ポストコロニアリズム的視点から日本のUFO研究史を捉えることもあながち無意味なことではないのである(ってオイww)。

あと、これは別にUFOとは関係のない話なんだが、続報の記事には地元の坊さんが出てきて、狼狽する人々に向かって「慌てるでない。これこの通り、これは単なるアドバルーンじゃ、カッカッカッ」と大笑する場面があるわけで(ないってォィ)、この頃までは地域に発生した怪異を地元の名刹(かどーかは知らんが)の坊さんが「おさめる」、みたいな構図を皆さん当然視していたんじゃなかろうか。今だったらどうか。こういうシチュエーションで坊さんお呼びじゃないだろう、たぶん。

ま、戯れ言はともかく、こういう新聞記事読むと、無造作に「火星人」とかいう単語が飛び出してくるあたり、なんか当時の空気がしのばれるなあ。改めて調べてみると、初の人工衛星であるソ連のスプートニクが打ち上げられたのは前年1957年の10月。これに対抗してアメリカがエクスプローラー1号を打ち上げたのは1958年1月31日。ちょうどこの事件の前後である。アームストロングも死んだばかりだが、アポロ以前の時代だったのである。

 【追記】

 なお、その後、ここに出てくる「磐石寺」についてググってみたのでメモっておく。正しくは「盤石禅寺」で、新聞記事中の「磐石」という字は誤記のようだ。このお寺、今も静岡県焼津市中島にあって、「東海道と川筋の往来文化」というページによれば「文明12年(1480)曹洞宗南明寺派の玉翁周琳大和尚により曹洞宗寺院として開創された」とあるから相当に由緒のあるお寺だ。戦国時代の武将として有名な山内一豊から送られた寺領安堵の書状なども残されているとのこと。

 事件は55年も前のことなので、おそらく現在のご住職は記事に出てくる梶田祖俊師の二代ぐらいあとではないか。となると、この事件が語り継がれているかどうかは微妙ではあるが、お近くの方は訪ねていってお話などうかがってきたら如何であろう(そんな好事家はいねーかw)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いまだにジャック・ヴァレの「Confrontations」を読んでいるんだが、ヴァレ自身がフランス人ということもあってか、ときおりフランスのUFO研究にかんする話がでてくる(10章、11章のあたり)。

たとえばいずれも社会学者なんだが、ピエール・ラグランジュ、 ベルトラン・メウーといった人たちの名前が出てくる。ラグランジュには『ロズウェルの噂』といった本があるらしい。

メウーのほうは、Confrontationsの記述に拠るとアブダクションと通過儀礼の類似性を論じたり、第二次大戦以前のSFに出てきたアブダクション類似のストーリーを蒐集するような仕事もしてるようだ。たとえば、エゲ・ティルム『ロドムール 無限の男』といった作品名が出てきたりするんだが、ヨーロッパのSFに詳しい人なら知ってるような作品なんだろうか?

そもそもConfrontationsじたいがもう20年ぐらい前の本だと思うんだが、にしても、このあたりのフランス社会学系のアプローチというのはいまだにほとんど日本では知られていないのではないか。考えてみると、フランスのGEPANとか、もっとわれわれが知るべきものはたくさんあると思うのだが、そのあたりがずっと放置されてきたというのは今さらながら残念である。やはりボルト・アンド・ナッツのアメリカ保守本流以外の議論は商業ベースには乗りにくかったのであろう。

せめて大学の第二外国語でフランス語でもとっておれば、もすこし突っ込んで調べることもできたであろうが、と一瞬思うが、実際に取ったドイツ語がモノになっていない現実をみれば無意味なイフであったか(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ジャック・ヴァレー『人はなぜエイリアン神話を求めるのか』(1996・徳間書店)を改めて読んでみたんだが、ちょっと訳が雑すぎるなあ。武士の情けで、ここには訳者の名前書かないけど。

まぁオレもさいきん趣味的に翻訳のまねごとをしていて実際難しい仕事だろうなぁとは思うのだが、「オレは素人だかんネ」と予防線を張った上で言わせてもらえば、やはり日本語として意味がよくわからない、とか、あまりにギクシャクした文章になってたりというのはプロとして如何なものかと思う。

オレのささやかな経験からいえば、日本語がわかりにくい場合は、まず訳者自身が何をいってるか理解できていないと理解していいと思う。あるいは欧文特有のロジックをストレートに訳しているために日本語としては珍妙なものになってしまっていて、原文にあたったら「あ、そういうことなのね」と納得できるケースも時にあるかもしれんが。

この本についていえば「結論」部を勝手にはしょって出版した罪もある。ヴァレの本で邦訳が出てるのは対談本とSF(笑)を除けば、唯一の単著がコレなんだから、ほんと日本とはつくづく縁のないお方である。まぁUFOファンといっても、いささかひねくれたというか裏街道を行くのが好きな人にしか受けないだろうから出版社も二の足を踏んだ、ということだったんだろうけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

というわけで、本ブログにはこれまでジャック・ヴァレ『Passport to Magonia』の試訳など掲載してきたのですが、この際、当ブログからは一切削除することにいたします。とは言いながら『ディメンションズ』『コンフロンテーションズ』等々のヴァレ作品読解プロジェクトは継続しておりますので、興味をおもちの方々におかれましては、またどこかでお会いすることはできるかな、と。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ということで、ジャック・ヴァレの3部作をひそかに読み進める私的プロジェクトを継続しているのだが、その中の1冊「Revelations」が、ジャック・ヴァレー著・竹内慧訳『人はなぜエイリアン神話を求めるのか』(1996・徳間書店)として邦訳されていることは、版元が「ショッキングサイエンス 脳内メカニズムの悲劇!? 」という意味不明のサブタイトルをつけて失笑をかってしまった点もコミで有名である。

で、以下は後日に備えての私的メモなのだが、これは全巻を訳したものではなくて尻切れトンボになっている、という指摘がどっかであったのを思いだし、改めて調べてみた。すると原著のしょっぱなの「Acknowledgements」が省略されているのはマァ良いとしても、最後の「Conclusion」が省略されていたことがわかった(そのあとのAppendix、Indexも当然ない)。結論部を省略したのだから、尻切れトンボ感があるのは当然だった。

そんなに長くないので、いつかこのConclusionも読んで、3部作読解プロジェクトを終了したいなあと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

某mixiで、その筋では有名なものぐさ太郎αさんが未だ邦訳されざるUFO本の名著「Passport to Magonia」の序文を訳されていたので、「おぉすごい」と思って拝見しました。で、ついでにいろいろググったりすると、この本はamzonで一部タダ読みができるようになっていたので、アタシも真似をして新版で付け加わった序文を「超訳」形式で勝手に訳してみました。著作権関係者から文句を言ってきたらアレですが、人も通わぬこんなブログなので勝手にアップ。 誤訳・誤読御免。


ジャック・ヴァレ「マゴニアへのパスポート」    1993年版への序文

私自身が60年代のはじめにそうだったように、UFOという現象に興味をもつに至った科学者が、まず以下のような要素をもつ事件に注目するのは自然なことであろう。つまり、「パイロットによる報告」「レーダー反応」「乗り物への障害」「円盤状、球形、ないし円柱状の何かが写っている写真」といった、いかほどか定量化して考えることのできる要素をもつ事件である。何千もの人々から報告されてきたそのような事件は、我々を越えたテクノロジーの存在を示唆しているし、「それは地球外文明によって引き起こされたものではないか」という考えはごく自然に考慮の対象となってくるだろう。

私自身の研究もまさにこうした線に沿って始まった。そして私は、こうしたUFO現象が「実際にある」ということだけではなく、世界各地でハッキリとした統計的パターンを示していることを明らかにすることができた。こうしたパターンの中で最も興味深かったのは着陸報告に関係したものだった。それらは緯度と経度で示される正確な位置情報を与えてくれるし、しばしば物質的な着陸痕を遺していく。それゆえ私はこうした着陸事例の研究にもっぱら力を注いできたのだった。さらにいうなら、UFOがそこいらにあるモノに干渉したというようなアノマリー(異常な現象)を観察することは、遠く離れた空中にあるものを目撃した例とは違って、月や遠方を飛ぶ飛行機、気象観測気球などの誤認例をより分けるのにも都合が良かったのである。

私が1968年にこの「マゴニアへのパスポート」をまとめようと決めた頃に比べると、1993年に本書を手にする読者はおそらく「着陸事件といったものは実際にあるのだろう」という考えを当たり前のように受け取るようになっているだろう。結局のところ、今のメディアはその手の事件が好きなのだ。様々なUFO団体は競ってそういう事件を取り上げる。タブロイド新聞やテレビ番組は、「空飛ぶ円盤の墜落」やら「宇宙人による誘拐」といった恐ろしい話を「暴露する」という触れ込みで、「エイリアンはわれわれを訪問している」という記事や番組を細々した描写をまじえて仕立てるのだが、その手の話がメディアから丸々一週間途絶えてしまうことはない。それだけにこのようなことを言うと読者は驚かれるかもしれない。――今日もなお、こうした事件の研究を積み重ねていくためには何年にもわたって地を這うような精力的な調査が必要なのだ。それはおぼろげな情報に触れるところから始まり、関連する事件の補足調査のため、様々な国々にいる献身的な調査仲間を頼ったりしながら進められていく。われわれはこのような「人的な資源」で「武装」されているけれど、それは実に大変な営みであり、我々は実際多くのミスも犯してきたのである。

私が初期の調査をまとめた『禁止された科学』で詳細に論じたように、60年代半ばにあっては「UFOの着陸」とは「呪われた問題」だった、というのが実際のところである。主要メディアがこの問題を全く馬鹿にしていたというだけではなく、UFO研究団体自身がそのような記事を「検閲」するために力を注いでいたのである。そうした「検閲」には理由もあった。今は存在しないNICAP(全米空中現象調査委員会)についてとりわけ言えることだが、そのような団体のリーダーたちは、UFO着陸事件の奇怪な特徴を表沙汰にすれば、[UFO問題にかんする]議会公聴会の開催に向けて彼らが提起した事件が色眼鏡で見られるだろうと考えたのである。それまたは、これらの団体から独立した研究家である私が、NICAPからではなく米空軍の調査ファイルからUFO着陸にかんする情報を掘り起こすことになる、といった皮肉な結果をもたらしたのだった。

今にして思えば研究団体の態度はいささか近視眼的だったようにもみえるが、当時にあってはそれは意味のあることでもあった。UFOに関心をもっていたごくわずかの学術研究者も、地面に降りてきた物体について語ることには――目撃者がその物体の搭乗者について証言した場合はなおのこと――気乗りがしないという点でUFO研究者と立場を同じくしていたのだ。

そう、搭乗者の報告というのも、あるにはあった。それはフランスのエメ・ミシェル、イギリスのゴードン・クレイトン、アメリカのジム・ロレンゼン、コーラル・ロレンゼン夫妻といった、数少ない異端的なパイオニアの仕事の中から見出されたものだった。目撃された生命体はかたちも大きさもバラバラだったが、彼らの身体構造はおおむねヒューマノイド型であり、驚くべきことに地球環境によく適合するものだった。彼らは人類と同じ視覚域、聴覚域をもっていた。彼らは地球の空気を呼吸していた。彼らは見たところ不便もないようすで、地球の重力の中を歩き回った。彼らは私たちの情緒を理解し、私たちの言葉でしゃべった。彼らは地方地方の社会環境に適合し、当地の文化にあわせて振る舞うことさえした。彼らは時に人間を誘拐した。彼らとの言葉を介したやりとりは総じて馬鹿げたものだったが、それは禅の公案の馬鹿さ加減といったたぐいのもので、コンピューターや精神病の患者の意味のないおしゃべりのようなものではなかった。

こうした報告というのは文化的な壁を超えて驚くほどの一貫性をもっていたのであるが、研究すればするほど、それらはヨーロッパの幾多の年代記に遺されている中世の〈お話〉を私に思い起こさせたのだった。例えば9世紀、フランス・リヨンの大司教だった聖アゴバルトは、マゴニア――空のどこかにあるという魔法の国から「雲の船」で訪れ、さらにその船から降りてきたという4人の「人間に似た存在」と対面した。疑うべくもない歴史的文書によれば、「雲の船」の搭乗員を取り押さえた人々に対し、聖アゴバルトは「このものたちの命を助けてやりなさい」と言った、と記録されている。こうした話はあまたあり、かつ、そのような古代の記憶は妖精譚や伝説といったかたちで今も生き続けているのである。

こういうことも明らかになっている。あらゆる文化において、民間伝承は空を飛ぶ「人間のようなもの」にかんする〈お話〉に満ちている。この人間もどきは遥かに進んだテクノロジーによって作られたと思しき機械を用いて空を飛び、そして奇妙に美的ではあるが、馬鹿馬鹿しい話を出会った者たちに語った。また人間もどきは人間をさらったが、犠牲者たちはきまって「彼らと一緒にいる間じゅう、時間の感覚が変になっていた」というのだった。

「マゴニアへのパスポート」が、「空飛ぶ円盤の報告とは『今まさに生まれつつある民間伝承』なのであり、そのようなものとして研究されるべきだ」と提唱したとき、この本はUFO研究家たちの疑いのまなざしを一身に浴びた。UFOの着陸について触れることは時宜に適っていなかったため、「UFOの搭乗者」と「いにしえの妖精たち」の類似にかんする研究は、いかに真摯なものであれ全くのタブーだったのだ。しかしながら、ゆっくりとではあったが、新たな目撃のウェーブは訪れ、それとともにもはや否定しようもない「搭乗者」の目撃譚がやむことなく寄せられるようになった。古代と現代の報告が実は連続性をもったものだという認識は、しだいに明確なものとなっていった。UFO現象は、人類の歴史を新たな光の下で見るよう私たちに強いているのである。

長い間、「マゴニアへのパスポート」は絶版状態だった。古本はコレクターたちが探し回っているような状態だったが(私は古本屋で45ドルで売られていたと聞いたことがある)、それはこの本が先に述べたUFO現象と民間伝承の類似性に初めて光を当てたからというだけではなく、1868年から1968年までをカバーする、そのような〈お話〉の一覧が付録として掲載されているから、でもあろう。この本への需要がそのようにして膨れあがってきたため、私たちは今回新版を出版することにしたのである。しかし、現在の読者たちに注意書きなしで再版をするのはアンフェアというものであろう。この年月の間には、多くの新しい情報が積み重ねられてきた。「マゴニアへのパスポート」は問題の表面をなでたようなものに過ぎない。現代の接近遭遇報告との類似性(それは「誘拐」の側面も含むが)、そして集合的な民俗世界の広大なイメージ世界は、何人かの有能な書き手たちが忍耐強い調査を続けてきたことによって深く探求されてきている。「マゴニア」の一覧表にかんしていえば、その内容は優雅に年を経てきたとはいえるが、この中の幾つかのケースヒストリーは、今後の追跡調査の結果によっては不正確だったと判明することもあるだろう。

ただ、この本が刊行されてから過ぎ去った四半世紀のあいだ、最新のデータを用いてこの一覧表を拡充しようとした者がいなかったことは、私にはちょっと不思議なのだ。確かに、この本で用いるために私が選んだ接近遭遇報告については多くの批判が浴びせられてきたし、「現代のUFO研究と古き民間伝承が類似している」という考え方自体も、しばしば「UFOは恒星間を渡る機械仕掛けの宇宙船である」と信じるビリーバーたちから攻撃されてきた。しかしこの間、この方面の新たな研究の蓄積を書物というかたちで問う者はなかった。もっとも今日であれば、昔とは違ってそのような仕事が迅速にまとめられる、ということもありうるのだろうが……。

その時代に支配的だった信仰の体系に沿わないとして顧みられることのなかった幾つかの〈お話〉を発掘したとき、私は畏れと驚異の念を新たにしたものだ。宇宙時代という考えてみれば実に絶好のタイミング、しかもスリリングな文脈の中でそのような〈お話〉を味わってもらうべく、私はいま皆さんをここにお招きする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ