改名といえば、何といっても「海砂利水魚」改め「くりぃむしちゅー」が有名である。

改名前、いまだメジャーになりきれなかった彼らが「王様のブランチ」で今の「パンサー」的立ち位置に置かれ、いいように使われていた時代があった、などというのは、今にして思えば夢の中の話のようである。

閑話休題。定期的かつ勝手にタイトルを変え続けてきたオレのブログ(誰も知らんがナw)であるが、また改名することにした。


又人にかけ抜かれけり秋の暮


一茶である。

いいねェ。これ、ワカンナイ人はもう日本人じゃないネ。

なんてったって、「秋の暮」ですよ。もう、かけ抜かれたまんま。抜き返す時間なんか無いワケです。しかも「又」なんです。いったい何十人に抜かれていったんでしょうか。

諦念と自己憐憫。でもネ、そんな自分をどっか客観的に見てるんですよ一茶は。クール。こいつは凄いですよ。もう鳥肌たちますね。

とゆーわけで、しばらくはこの名前でいきます。ヨロシク。