住んでいるマンションで「NURO光」が導入できるようになったというので申し込んできた。どうやら各戸に配線する拠点としてのMDF室まで光ケーブルが通ったらしい。

現在は「光 with フレッツ東日本マンション」というのを使っているが、これはVSDL方式でだいたい下り60-70Mbpsぐらいである。別にそれで困ってるワケではないのだが、NURO光だとこれが三桁はいくだろうし、何より今よりランニングコストが安くなる。

室内までの光配線の経路が確保できないときはキャンセルになるとかいう話だが、まぁ切り替えてみてもよかろうという判断である。どうなるか。

erae
 大泉洋を起用したNURO光のCMも始まったのでSONYも攻勢に出ているのかもしれない


■追記2021/10/23

契約してからまもなく一週間。「契約内容通知書」というハガキはすぐに届いたが、宅内工事についての連絡はまだない。NURO光にネット経由でダイレクトで申し込むとすぐに工事日が決まるようなのだが、今回は代理店経由で契約した。代理店経由だと、やっぱりタイムラグみたいなものが生じるのであろうか?

なんで代理店経由の契約になったのかというと、このNURO導入にはマンションの管理組合が一枚かんでいて、管理組合から「代理店の説明会が開かれます」という告知が来たのでその説明会で契約するという流れになったのだった。工事のトラブルとかあったバアイ、管理組合―代理店みたいなルートがあったほうが安心かもしらんと思ったのだが、果たしてどうだったのだらうか? 

つづく