一度でも
我に頭を下げさせし
人みな死ねと
いのりてしこと

 ――啄木『一握の砂』より