2007年02月

自宅PCを組み上げてからもう3年ぐらいになる。となると、そろそろ電源がへたりだしているかも…ということで、電源ユニット更新を考えた。

予備調査してみると、手頃なのがあった。Antec NeoHEなる電源である。比較的小さい8センチファン搭載ながら、そうとう静かな電源らしい。静音にちょっとこだわりのある小生としてはポイント高い。Asusのボードとの相性問題があるという(ちなみに小生はAsusのP4P800使用中)が、まぁ不都合に対応したバージョンに切り替えたという話もあるし、何とかなるだろうと楽観視。

で、調査続行するうちにAntec NeoHE430を搭載しているAntecのP150(写真)なるケースがあると知る。電源単体だと1万ちょっとらしいが、たまたま九十九の通販でP150を1万6千円ちょっとで売っていた。今のダサいOwltech 611-SLTに比べるとなかなか格好もいいし、こりゃいい、というわけでさっそく注文。

もっとも、九十九から早々に「在庫なしで、メーカー出荷まち」という連絡が入る。まぁ別に急がないのでキャンセルせずに事態を見守ることになる。届いたら感想を書いておこう。

※なお、これに関係してPC筐体の廃棄方法についてちょっと調べてみた。基本的にPCを捨てる場合、メーカー品はメーカー経由、自作は「有限責任中間法人パソコン3R推進センター」なる団体に依頼して廃棄処分しないといけない。しかしながら、自作の場合、パーツを抜き取って再利用するのは当たり前。バラしたPCはどういう扱いになるのか?

結果的にいうと、マザーボードとかのパーツは基本的には自治体の「燃えないゴミ」に出せるらしい。ケースはどうかというと、自治体によって扱いが違うらしく、「推進センター」に出せというところもあるが、自治体の粗大ゴミでいい、というところもあるとのこと。ちなみに小生の住んでるところは粗大ゴミ可。よし。

mixiチェック

白(サポ獣)はコロロカで順調に32到達。 「つよ」が見あたらなくなったので、また移動を考える。

いったんバスに戻って物資補給&競売所出品すませ、それから東アルテパ。ここいらのクモが狙い目という判断。「ちょうど」or「おなじ」を「つよ」にぶつける作戦。狩り場移動直後の常で、今回もまずはフェロー併用。だが、意外とクモの棲息密度が低い。けっこうウロウロ探し回らねばならない。

シックルスラッシュ、といったか、クモのWSもけっこうキツイ。まぁ、フェロー併用してればけっこう盾になってくれるので、それほど危険でもないが。

mixiチェック

↑このページのトップヘ