毎年この時期になると、夏の高校野球というやつが始まる。

当ブログでも再三書いているが、野球留学みたいな作戦を弄してなりふりかまわずに勝ちに行く各地の私立高校のふるまいには苦々しさを感じているところであり、オレとしてはけっして朝日新聞がはやしたてるような「清く正しい青春」の世界がグラウンド上で繰り広げられているとは思っていない。

ではあるンだが、わが郷里の長野県大会の動向についつい目がいってしまうのは、哀しい性。で、きのうの話、甲子園でもおなじみの(もっとも出場回数ばかり多いがすぐに負けて帰ってくることでも有名w)古豪・松商学園が、公立の進学校・諏訪清陵に負けているではないか! 

松商といえば、日本プロ野球初の三冠王、中島治康の母校でもある。そういう体面もあるんだろう、やっぱり毎年数人は大阪あたりから野球留学の助っ人を連れてくる学校、という印象がある。それゆえに県内の公立高校など、もう逆立ちしても歯が立たないというのが常識であった。そういう強敵を公立校が倒した。

こないだ、通信制を逆手にとって野球ばっかりやってる生徒を擁した「地球環境」とかいう学校が長野代表で甲子園に出てきて、オレとしては「かつての教育県もここまで堕ちたか」とガックリしたものであるが、そうなのだ、やればやれるじゃないか公立だって。

まぁこういう学校は、トーナメントの長丁場を乗りきるためにいろいろと下準備をしている私立強豪とかと違って、それこそ一戦一戦、必死で勝ち上がっていくしかないので、おそらく最後まで勝ち残るというのは難しいのだとは思うが、それはそれ。こういうジャイアント・キリングこそ高校野球の醍醐味だワイと(試合を見たわけではないがw)オレは内心快哉を叫んだのであった。